樹海

 レジストロで「富士山写真展」を準備していた時、パネルを張っている後ろから、警備員らしき日系人が近寄ってきて「これは浜松か?」と指を指した。アクトタワー越しに眺めた霊峰の写真だった。「そうだ」と応じると、「6年も浜松に住んでいた。こんな懐かしい眺めが見られるとは思わなかった」としばらくじっと見つめていた▼コラム子が群馬県大泉町の工場でデカセギと共に就労していた97年頃、ブラジル人同僚が「富士山に登りたい」というので、6人ほどで行ったことがある。運転手役として五合目で皆の下山を待っていると、彼らは疲れきっていたが、とても充実した表情で帰ってきた▼写真展会場で「子どもの頃から子守唄代わりに『♪富士は日本一の山~』と聞かされてきた」というのは、山下譲二さん(70、二世)だ。両親は鹿児島出身だが、霊峰には特別の思い入れがあったようだ▼山下さんは「71年に初めて訪日した時、知人から『箱根から見る富士が最高だ』と教えられ、ハイキングして峠を越えた瞬間に、雄大な富士がドーンと聳えているのが見えた。あの時の感動を今も忘れない。両親が言っていた通りだった」と語った。「写真展を見て、あの時のことを思い出しました。私にとってあくまで神聖な山、登りたいと思ったこともない」▼思えば、お隣のセッチ・バーラス文協の壁には鳥居、茶畑の奥に富士山という象徴的な壁画が描かれている。当地日系人は元より、デカセギ中に富士登山をしたブラジル人は間違いなく数千人以上いる。この写真展を主催したことで、日系人の頭の中でも、日本と富士山の間にはすでに深い関係が生まれていると痛感した。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき2018年11月13日 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき  『文藝春秋』11月号には《安部政権最大の失政/亡国の「移民政策」》という刺激的な特集が40ページも組まれている。これを読んで驚いたが、実は日本は「隠れ移民大国」だった。  《現在、日本で暮らす外国人数は、約二百五十六万人(二〇一七年末時点。法務省の在留外国人統計)。 […]
  • 《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(上)2017年6月6日 《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(上)  「35歳でオバアチャンっていうのが、あちこちにいるんだよ」――日本の大手派遣会社アバンセの林隆春社長が先月末に来社した折り、日本のデカセギ事情を聞いている最中に、そう言われて頭を抱えた。つまり、17歳ぐらいで出産を二世代に渡って繰り返している▼将来のことを深く考えずに […]
  • 『ふろんていら』50号に思うこと2016年11月15日 『ふろんていら』50号に思うこと  サンパウロ州アルミニオ在住の伊那宏さんが主宰する詩歌サロン『ふろんていら』が、記念すべき50号を9月に発行した。個人で年4回も定期刊行を続ける苦労は並大抵ではないだろうに、12年半も続いてきた。もちろん、伊那さんの志に賛同して投稿する人がいればこその快挙だ▼本人筆による一 […]
  • コラム 樹海2010年1月6日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2010年1月6日付け  年末、知人宅のXマス会に行ったら、日本政府の帰国支援金30万円をもらって帰ってきたばかりの五十代の元デカセギ女性に出会い、「せっかく日本政府がくれると言ってるんだから、もらわなきゃソン」との言葉に愕然とした。「日本から生活費を送って […]