ホーム | 文芸 | 刊行 | 伝説の柔道家『コンデ・コマ物語』=青森県人会で取扱中

伝説の柔道家『コンデ・コマ物語』=青森県人会で取扱中

本の表紙

本の表紙

 今月24日に創立60周年式典を控える青森県人会(玉城道子会長)が、昨年6月日本で出版された『コンデ・コマ物語―「柔道世界制覇」と「アマゾン開拓」』(三戸建次著、路上社)を75レアルで販売している。
 同県人会の節目を祝して、著者の三戸氏が100冊寄贈した。同県出身の伝説的柔道家であり〃アマゾン開拓の父〃とされる、「コンデ・コマ」こと前田光世氏の人生を綴った一冊。「巌城の武士(もののふ)」として世界中の猛者たちを打ち負かし、柔道の海外普及にまい進した。
 排日意識がない植民最適地を求めてたどり着いた当地でアマゾン開拓を決意し、日本人の同地入植を訴えた。友人に宛てた本人の手紙などを引き合いに出し、マラリアの脅威や南拓会社の破綻を乗り越え、胡椒の一大生産地として大成する背景など波乱の人生を辿った。
 サンパウロ市リベルダーデ区の高野書店、フォノマギ竹内書店、ブラジル日系文学会事務所でも取り扱っており、収益は同県人会の運営費に充てられる。
 問い合わせは同県人会(11・3207・1599)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ