ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 宮崎県人移民第一号の甲斐長蔵氏だが、着伯は長らく1915年とされてきた。11年にペルー移民として出国し、亜国を経てブラジル入り。その際に旅券紛失などが重なったため、不明確な部分もあったようだ。しかし、『宮崎県南米移住史』著者・徳永哲也氏の調査により、正確には14年と判明。慶祝団として来伯した徳永氏は、「県人入植年が明らかにできて良かった。少しは貢献できたのでは」と謙遜し、無事今年、入植百周年を迎える喜びを語った。
     ◎
 慶祝団として来伯した南米を語る会の野崎ローザさん(50、二世)は、これまで28年間、研修生らの通訳サポートなど行なってきたそう。「結婚を機に私が日本へ移ったとき苦労したから」と、後世への協力理由を語る。功労者には、10年以上、農業研修生を受け入れた県人会アマゾン支部創立者の小野和親・昌子夫妻なども。同制度を支える県人がいる限り、母県との繋がりは深く保っていられそう。
     ◎
 アドリアノ・ジョーゴ州議は学生時代に映画に熱中し、実は東洋街の日本映画館に入り浸っていたという。「シネ・ジョイアが一番好きだった。黒澤明監督と三船敏郎が好きで、彼らの作品ならポ語字幕なしでも見に行った」と笑う。特に好きな作品を尋ねると『七人の侍』と『どですかでん』を挙げた。弱い農民を助ける『七人の侍』と、社会的弱者を助ける彼の今の活動には、どこか共通点がある?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • 大耳小耳2015年11月17日 大耳小耳   『BEGIN』の海外公演は現在までブラジル、ハワイでのみ行なわれてきた。ハワイ公演のきっかけとなったのは、第2次大戦直後の荒廃した沖縄に、ハワイ […]
  • 移住百周年の調査に協力を!=和歌山が初期移民とコーヒー求む2017年3月9日 移住百周年の調査に協力を!=和歌山が初期移民とコーヒー求む  和歌山県人会(谷口ジョゼ眞一郎会長)が10月29日に行う『県人移住100周年記念式典』に先立って、初期移民や県系人が栽培するコーヒー豆を探している。 […]
  • 写真展から伝統芸能まで=沖縄、創立90周年盛大に2016年8月24日 写真展から伝統芸能まで=沖縄、創立90周年盛大に  今年、創立90周年を迎えたブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長)は、写真展、芸能祭、式典をという3つの記念事業を企画した。  『写真展』は28日からサンパウロ州議会(Av. Pedro Alvares Cabral, […]
  • いのしし新年会に100人=コロニア最古の干支の会2016年2月2日 いのしし新年会に100人=コロニア最古の干支の会  亥年生まれによる「いのしし会」(近沢宗貴会長)が1月20日夜、『第31回新年祝賀会』をサンパウロ市リベルダーデ区の宮城県人会館で開催した。 同会は南米銀行の橘富士雄氏の提案で。1983年に発足。昭和天皇が崩御された89年、在ペルー日本大使公邸占拠事件の最中だった97年を除き、 […]