樹海

 地下鉄の駅のビリェッテ・ウニコ入金の列に並んでいた時、年配の婦人が10代の妊婦に「列の前に入っていいのよ」と言うのを見た。当の妊婦が感謝しつつ「大丈夫です」と答えると、婦人の方も「お母さんも赤ちゃんも元気な証拠ね」と言葉を返す▼婦人が自分も娘が3人いてその内の一人が10代で子供を産み、今は孫が3人などと話している内に順番が来て、二人共窓口に。先に用件を済ませた婦人は「元気な赤ちゃんを産んでね」と声をかけて立ち去ったが、会話の端々に若くして母となった娘と妊婦を重ね、慈しみの眼差しを注ぐ様子が伝わってくる▼自分自身や身近な人の経験が他者への思いやりや慈しみとなる様子は美しい。電車やバスの優先席や銀行などの優先窓口は思いやりを形で表したもので、ブラジルでは高齢者や障害者、妊婦や乳幼児を連れた婦人なども対象となる。日本にいた頃は、妊婦や小さな子供連れの婦人が銀行などで優先されるのを見た記憶がない。電車などの優先席に若者が座って寝ている光景も珍しくなかった。だが、ブラジルでは(少なくとも日本より自然な雰囲気で)席を譲るのを良く見かける▼ブラジルでの高齢者は日本より少数派で、女性や子供も含めた弱者に優しい国柄を反映した光景と言えそうだ。だがこれが、日本ほど核家族化しておらず、身近な所に高齢者や妊婦、子供がいる環境のせいならば、ブラジルでも将来、日本並みに高齢者や障害者は「うざい」という人が出てくる可能性がありそうだ。若年妊娠は教育や計画性の欠如故との声もあるが、若い妊婦に温かい眼差しを注いだ婦人のような、さりげない行動がいつまでも見られる国であって欲しい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ州》刑務所監査で携帯電話7千個押収=妊婦と偽り、持ち込み図る者も2019年8月22日 《リオ州》刑務所監査で携帯電話7千個押収=妊婦と偽り、持ち込み図る者も  リオ州刑務所管理局(Seap)は20日、州内の刑務所では、今年に入ってから既に、7322個の携帯電話が押収されたと発表した。この数は昨年同期の5076個と比べ、44%増だ。   […]
  • 大耳小耳2014年8月13日 大耳小耳  カンピーナス市の東洋医学治療家・伊藤悠生さんが、2日に三重県人会館で「認知症の予防と治療」をテーマに講演会を行った。安倍晋三首相の来伯とも重なったが約60人が来場、その後問い合わせのメールや電話が引きも切らなかったとか。無料治療は時間が押して一人に限定されてしまったため、 […]
  • みか幼稚園のバザー=12日に香川県人会で2003年10月9日 みか幼稚園のバザー=12日に香川県人会で 10月9日(木)  みか幼稚園主催のバザーが子供の日に当たる十二日午前十時から香川県人会(プラッサ・ダ・アルヴォレ区イタイプー街四二二番)サロンで開かれる。 […]
  • コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想2008年7月5日 コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け  コロニア新世紀を迎えた今、ブラジルは空前の日本ブーム。日本食はもちろんのこと、高まる日本語熱、そして、様々な日本文化の影響は、すでにこの国の多様性を語るには欠かせない要素となっている。百年をかけて浸透し、ブラジル化した〃日系文化〃が […]
  • ブラジル訪問のご印象=帰国後すぐに発表される=「永く記憶に残るもの」=「日系社会のイベント大変心強い」2015年11月16日 ブラジル訪問のご印象=帰国後すぐに発表される=「永く記憶に残るもの」=「日系社会のイベント大変心強い」  外交関係樹立120周年を迎えたブラジルへの公式訪問をされた秋篠宮同妃両殿下は、10日に無事ご帰国された。翌11日には宮内庁を通じて、日系人や日系団体に対する感想を多く含む、次のようなご感想を文書で発表された。全文は以下の通り。     ☆ 日本・ブラジル外交関係樹立120周年 […]