樹海

 地下鉄の駅のビリェッテ・ウニコ入金の列に並んでいた時、年配の婦人が10代の妊婦に「列の前に入っていいのよ」と言うのを見た。当の妊婦が感謝しつつ「大丈夫です」と答えると、婦人の方も「お母さんも赤ちゃんも元気な証拠ね」と言葉を返す▼婦人が自分も娘が3人いてその内の一人が10代で子供を産み、今は孫が3人などと話している内に順番が来て、二人共窓口に。先に用件を済ませた婦人は「元気な赤ちゃんを産んでね」と声をかけて立ち去ったが、会話の端々に若くして母となった娘と妊婦を重ね、慈しみの眼差しを注ぐ様子が伝わってくる▼自分自身や身近な人の経験が他者への思いやりや慈しみとなる様子は美しい。電車やバスの優先席や銀行などの優先窓口は思いやりを形で表したもので、ブラジルでは高齢者や障害者、妊婦や乳幼児を連れた婦人なども対象となる。日本にいた頃は、妊婦や小さな子供連れの婦人が銀行などで優先されるのを見た記憶がない。電車などの優先席に若者が座って寝ている光景も珍しくなかった。だが、ブラジルでは(少なくとも日本より自然な雰囲気で)席を譲るのを良く見かける▼ブラジルでの高齢者は日本より少数派で、女性や子供も含めた弱者に優しい国柄を反映した光景と言えそうだ。だがこれが、日本ほど核家族化しておらず、身近な所に高齢者や妊婦、子供がいる環境のせいならば、ブラジルでも将来、日本並みに高齢者や障害者は「うざい」という人が出てくる可能性がありそうだ。若年妊娠は教育や計画性の欠如故との声もあるが、若い妊婦に温かい眼差しを注いだ婦人のような、さりげない行動がいつまでも見られる国であって欲しい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を2020年1月28日 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を  取材しながら、「日系社会は何を目指しているのか」―そんな疑問を頭に思い浮かべている。  たとえば、リベルダーデ日本広場のイベントで、長崎県人会の青年部があの重たい龍体を振り回して龍踊りを披露しながら玉のような汗を流している姿、レプレーザ文協の皆さんが一糸乱れぬ阿波踊 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]
  • いつになれば格差はなくなる?2020年1月23日 いつになれば格差はなくなる?  先週来、心を重たくする報道が続いている。一つ目は、15年にブラジル北東部を中心に起きた小頭症児誕生に、ジカ熱に感染した妊婦の栄養状態が大きな影響を与えていたという研究だ。北東部は人間開発指数も低く、妊婦がたんぱく質などをきちんと摂っていなかったために小頭症児誕生率が高くなった […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]