樹海

 地下鉄の駅のビリェッテ・ウニコ入金の列に並んでいた時、年配の婦人が10代の妊婦に「列の前に入っていいのよ」と言うのを見た。当の妊婦が感謝しつつ「大丈夫です」と答えると、婦人の方も「お母さんも赤ちゃんも元気な証拠ね」と言葉を返す▼婦人が自分も娘が3人いてその内の一人が10代で子供を産み、今は孫が3人などと話している内に順番が来て、二人共窓口に。先に用件を済ませた婦人は「元気な赤ちゃんを産んでね」と声をかけて立ち去ったが、会話の端々に若くして母となった娘と妊婦を重ね、慈しみの眼差しを注ぐ様子が伝わってくる▼自分自身や身近な人の経験が他者への思いやりや慈しみとなる様子は美しい。電車やバスの優先席や銀行などの優先窓口は思いやりを形で表したもので、ブラジルでは高齢者や障害者、妊婦や乳幼児を連れた婦人なども対象となる。日本にいた頃は、妊婦や小さな子供連れの婦人が銀行などで優先されるのを見た記憶がない。電車などの優先席に若者が座って寝ている光景も珍しくなかった。だが、ブラジルでは(少なくとも日本より自然な雰囲気で)席を譲るのを良く見かける▼ブラジルでの高齢者は日本より少数派で、女性や子供も含めた弱者に優しい国柄を反映した光景と言えそうだ。だがこれが、日本ほど核家族化しておらず、身近な所に高齢者や妊婦、子供がいる環境のせいならば、ブラジルでも将来、日本並みに高齢者や障害者は「うざい」という人が出てくる可能性がありそうだ。若年妊娠は教育や計画性の欠如故との声もあるが、若い妊婦に温かい眼差しを注いだ婦人のような、さりげない行動がいつまでも見られる国であって欲しい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • これではクロロキンやイソジンを求めたくなる?2020年8月7日 これではクロロキンやイソジンを求めたくなる? 「これがコロナウイルス対策の世界のトップが言う言葉なのか」。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が3日に発言した言葉に愕然とした。 「現状で特効薬は見つかっていないし、永久に見つからないかもしれない」。現在、世界中の人たちが、「第3段階まで行った」というワクチンが […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボウソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]