ホーム | コラム | 樹海 | 沖縄文化の不可侵性

沖縄文化の不可侵性

 本土の人間の場合は、時間とともに希薄になりがちな県人同士の絆だが、沖縄県系イベントに行くと強烈なそれが今も存在していると感じる。ユダヤ民族のように、差別や抑圧を受けた歴史的経緯を持つ集団ほど、移住後も内部に強い求心力が続くのだろうか▼先日、サンパウロ市ガゼッタ劇場であった「国立劇場おきなわ」公演は、当地に住む県系人の特殊性がひときわ目立つ公演だった。挨拶から唄、喜劇にいたるまで、台詞の全てがうちなー口で話されたにも関わらず、会場は生き生きと反応し、何度も大爆笑が沸き起こった。本土出身のコラム子には、喜劇は身振り手振りで部分的には理解できても物語の流れがつかめなかった。異国の舞台で言葉がわからず、取り残された〃外国人〃のような気分だった▼家庭内の会話で使う程度のうちなー口しか理解できない県系子孫が多いらしいが、会場の熱気と盛り上がりは、舞台構成を担当した嘉数道彦さんをして、「沖縄以上の反応だった」と言わしめた。コロニアでも「沖縄の人には入り込めない壁がある気がする」と時々耳にするが、その一つは、こうした文化の特殊性にあるのだろう▼嘉数さんはまた、「(県人会の交流でも)地元の人間ということでかなり食いついてきて、その姿勢にまた学ばされた」と当地でも沖縄芸能の力を実感したよう。県系人のアイデンティティの源は、今も分かちがたく母県に結びついているようだ▼こうした唯一無二な文化が沖縄を、他県出身者にとって一層憧れの的、エキゾチックな場所にしている。「外国から見た日本もこんな風に見えるのかも」―会場の笑いから取り残されながら、ふと、そう思った。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]