ホーム | コラム | 樹海 | 沖縄文化の不可侵性

沖縄文化の不可侵性

 本土の人間の場合は、時間とともに希薄になりがちな県人同士の絆だが、沖縄県系イベントに行くと強烈なそれが今も存在していると感じる。ユダヤ民族のように、差別や抑圧を受けた歴史的経緯を持つ集団ほど、移住後も内部に強い求心力が続くのだろうか▼先日、サンパウロ市ガゼッタ劇場であった「国立劇場おきなわ」公演は、当地に住む県系人の特殊性がひときわ目立つ公演だった。挨拶から唄、喜劇にいたるまで、台詞の全てがうちなー口で話されたにも関わらず、会場は生き生きと反応し、何度も大爆笑が沸き起こった。本土出身のコラム子には、喜劇は身振り手振りで部分的には理解できても物語の流れがつかめなかった。異国の舞台で言葉がわからず、取り残された〃外国人〃のような気分だった▼家庭内の会話で使う程度のうちなー口しか理解できない県系子孫が多いらしいが、会場の熱気と盛り上がりは、舞台構成を担当した嘉数道彦さんをして、「沖縄以上の反応だった」と言わしめた。コロニアでも「沖縄の人には入り込めない壁がある気がする」と時々耳にするが、その一つは、こうした文化の特殊性にあるのだろう▼嘉数さんはまた、「(県人会の交流でも)地元の人間ということでかなり食いついてきて、その姿勢にまた学ばされた」と当地でも沖縄芸能の力を実感したよう。県系人のアイデンティティの源は、今も分かちがたく母県に結びついているようだ▼こうした唯一無二な文化が沖縄を、他県出身者にとって一層憧れの的、エキゾチックな場所にしている。「外国から見た日本もこんな風に見えるのかも」―会場の笑いから取り残されながら、ふと、そう思った。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]