樹海

 米国人政治学者のジーン・シャープ(86歳)は「非暴力抵抗運動の父」と呼ばれる。朝鮮戦争の時に「良心的兵役拒否」で9カ月服役、ハーバード大学の国際関係センターで研究を行い、著書『独裁体制から民主主義へ』『武器なき民衆の抵抗』等は数十カ国で訳され、〃アラブの春〃や〃東欧民主化〃など、長い間続いてきた独裁政権を民衆が打倒した一連の抗議運動の理論的な支えとなり、09年と12年にノーベル平和賞の候補にも挙がった▼「独裁勢力は民衆が政権を受け入れ、降伏し、従順することにより成り立っている」と考え、「抗議行動、説得、非協力、干渉などにより独裁勢力を倒すことができる」と主張する。興味深い言葉としては「独裁政権側は兵器、軍隊、秘密警察の全てを持ち合わせている。そんな状況下で武器を取るのは敵の最強の道具で勝とうとするようなものだ」がある。デモ行進の先頭に若い女性を配して警官や兵士に花を渡して友好的雰囲気を醸成し、「独裁政権の同じ被害者」との共感を育むのもその方法論の一つだ▼思えば68年のブラジル軍政反対デモ行進の写真には、すでに着飾った女性が手をつないでデモ隊の最前列に並んでいる。実はブラジルではシャープ以前に平和的デモが実践され、83~4年の「ジレッタス・ジャー」(大統領直接選挙請願運動)も無血デモ行進によって実現した▼独裁政権を終わらせても権力の暴力は無くならないし、戦争も続く。次に必要なのは「民主主義下の平和をどう実現するか」「宗教紛争をどう緩和するのか」等の方法論だろう。宗教や人種対立のない当地の日常にこそ、そのヒントが転がっていないか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!2020年2月18日 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!  「こんな解釈があるのか!」――9日に行われた憩の園チャリティ歌謡祭「日本移民ショー」の出だしは、実に衝撃的だった。  90年代に一世を風靡した、当時の若者風俗を代表するような尖ったビジュアル系ロックバンド「XJapan」の音楽を使って、「明治の精神」を受け継ぐような […]
  • 東京五輪でドリームチームが生まれるか2020年2月14日 東京五輪でドリームチームが生まれるか  実はブラジル内ではさほど大きなニュースにはなっていないが、むしろ日本のスポーツ・ファンの方が気にしているであろうから言うが、9日、男子サッカーのブラジル代表が南米予選通過を決めた。  これが日本だと、「サッカーの五輪代表」などというと、サッカー・ファンなら本代表と同 […]
  • 年金審査に官民の差2020年2月13日 年金審査に官民の差  パウロ・ゲデス経済相が7日、「公務員は寄生虫で、母体の国を喰っている」ととれる発言を行い、各方面に波紋を投げかけた▼経済省はこの発言後、国民が払う税金が国民のために使われず、公的機関を維持するために使われていることや自動的な給与調整に言及したと釈明。だが、9日付フォーリャ紙に […]
  • 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは2020年2月11日 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは  二世、三世ら子孫、ブラジル人に「何が日本文化か?」と尋ねられて、ポルトガル語でキチンと説明できる人がどれだけいるだろうか。というか、日本語で説明することも難しいだろう。  いきおい、ポルトガル語をあまり使わないで日本語教育、日本舞踊、書道、お茶、お花、音楽などを熱心 […]