樹海

 米国人政治学者のジーン・シャープ(86歳)は「非暴力抵抗運動の父」と呼ばれる。朝鮮戦争の時に「良心的兵役拒否」で9カ月服役、ハーバード大学の国際関係センターで研究を行い、著書『独裁体制から民主主義へ』『武器なき民衆の抵抗』等は数十カ国で訳され、〃アラブの春〃や〃東欧民主化〃など、長い間続いてきた独裁政権を民衆が打倒した一連の抗議運動の理論的な支えとなり、09年と12年にノーベル平和賞の候補にも挙がった▼「独裁勢力は民衆が政権を受け入れ、降伏し、従順することにより成り立っている」と考え、「抗議行動、説得、非協力、干渉などにより独裁勢力を倒すことができる」と主張する。興味深い言葉としては「独裁政権側は兵器、軍隊、秘密警察の全てを持ち合わせている。そんな状況下で武器を取るのは敵の最強の道具で勝とうとするようなものだ」がある。デモ行進の先頭に若い女性を配して警官や兵士に花を渡して友好的雰囲気を醸成し、「独裁政権の同じ被害者」との共感を育むのもその方法論の一つだ▼思えば68年のブラジル軍政反対デモ行進の写真には、すでに着飾った女性が手をつないでデモ隊の最前列に並んでいる。実はブラジルではシャープ以前に平和的デモが実践され、83~4年の「ジレッタス・ジャー」(大統領直接選挙請願運動)も無血デモ行進によって実現した▼独裁政権を終わらせても権力の暴力は無くならないし、戦争も続く。次に必要なのは「民主主義下の平和をどう実現するか」「宗教紛争をどう緩和するのか」等の方法論だろう。宗教や人種対立のない当地の日常にこそ、そのヒントが転がっていないか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年11月19日 大耳小耳  亜国邦字紙『らぷらた報知』12日付けによれば、メキシコの刑務所から7月に脱獄した麻薬組織首領ホアキン・グスマン受刑者が、アルゼンチン南部パタゴニア地方の山間部に潜伏している可能性があるとアルゼンチンの治安当局が6日に発表したという。「チリに向けて、アンデス山脈の国境を抜けよう […]
  • 俳句を無形文化遺産に=「ブラジルからも署名に協力を!」2017年12月19日 俳句を無形文化遺産に=「ブラジルからも署名に協力を!」  俳句をユネスコ無形文化遺産に登録するため、ブラジルの各句会が署名や寄付金集めなどの活動を始めた。サンタ・カタリーナ州の小松進さんを中心に、関係者が協力を呼びかけている。  今年4月に「俳句ユネスコ無形文化遺産登録推進協議会」(有馬朗人会長)が日本で発足し、5月に訪日 […]
  • コラム 樹海2009年1月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2009年1月23日付け […]
  • パラグァイのオラシオ・カルテス大統領(Foto: Jose Cruz/Agencia Brasil)2015年3月27日 寄稿=パラグァイ=タバコ密輸防止に努めるブラジル=カルテス大統領の会社も関係?=坂本邦雄  パラグァイからのタバコの密輸に手を焼くブラジルは官民機関が揃ってその対策達成に躍起になっている事は既報の通りで、今や国家的な重大問題として注目されている。ブラジルが悩む密輸タバコの大部分を占めるのは隣国パラグァイのTABESA・タバコ会社で、その社主は、オラシ […]
  • 《ブラジル》17/18農年の穀物収穫予想は16/17農年を下回る=「気象条件が好転すれば挽回も可能」と当局2017年12月13日 《ブラジル》17/18農年の穀物収穫予想は16/17農年を下回る=「気象条件が好転すれば挽回も可能」と当局  国家配給公社(CONAB)は12日、2017/18農年の穀物収穫予測を更新したが、前回予測同様、作付面積は2016/17農年より広がるものの、生産(収穫)量は少なくなるとの見方を維持した。  同公社は11月のはじめに、17/18農年の穀物生産量が2億2330万〜2億 […]