ホーム | 文芸 | 刊行 | 『朝蔭』 8月号

『朝蔭』 8月号

 『朝蔭』8月号(第418号)が発行された。
 巻頭「句帳」(念腹、その一句「地を叩く鞭の先より蝿生る」)、「雑詠 寿和選」その3句「大空へ香気放ちて梅の花」(纐纈俊夫)、「秋蝶や歩くことなく過ぎし日々」(佐藤美恵子)、「語り部も年毎減りて原爆忌」(重川房子)、「解釈に戸惑う日本語」(秋村蒼一郎)、「弟の思い出」(寺尾芳子)、「句会便り」(各地句会)、ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ