ホーム | 文芸 | 刊行 | 諸川有朋さん著『日本人の特質』=後世に伝えたい生活文化
「日系・非日系問わず多くの人に」と薦める板垣さん(左)、諸川さん
「日系・非日系問わず多くの人に」と薦める板垣さん(左)、諸川さん

諸川有朋さん著『日本人の特質』=後世に伝えたい生活文化

 ブラジル日本語センターの諸川有朋副理事長が、日本語学習者や日本に関心のある非日系向けに、日本人の文化や習慣をまとめた短本『日本人の特質』(ポ語)を刊行した。同センター後援。
 諸川さんは「日系人約160万人の内、日語学習者は2万人ほどと見ている。世代交代が進み日本離れは顕著」と現状を捉え、「日本の良き習慣を後世に正しく伝えなければ」という使命感から、1年半の構想を経て出版に至ったという。
 「日系人の使命」、日本の国民性を解説した「日本人の特質」「日本国民のシンボルと協和精神」など、一世が後世に伝えたい精神論を10章全67ページに渡ってまとめた。「正直に生きなさい」「自然の恵みに感謝しなさい」など18の教訓も。日系社会に限らず、伯国の人材育成にも生かせる内容だ。
 同伴した板垣勝秀理事長は、「日本文化を学ぶだけでなく、一人の人間として必要な教養が詰まっている。日系、非日系を問わず多くの人に読んでほしい」と称賛した。諸川さんは「日本人の生活文化伝承のため、各日系家庭に1冊置いてもらえれば」と願いを込めた。
 11日に同センターで発刊式を行い、その後各日系書店にて20レアルで販売する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本語センター=二世、立花氏が新理事長に=ブラジル学校経営者で初=板垣勝秀氏は2期で退任2016年3月29日 日本語センター=二世、立花氏が新理事長に=ブラジル学校経営者で初=板垣勝秀氏は2期で退任  ブラジル日本語センターの「第28回通常総会」が19日午後、同センターで開かれた。単一シャッパが承認され、2012年から2期4年間理事長を務めた板垣勝秀氏(68、北海道)が退任、新理事長に立花アルマンド氏(61、二世)の就任が決まり、新体制が発足した。二世理事長としては96年に […]
  • 私大初の日語教師講座開講=2月開始、汎米協会が連携=南十字星大リベルダーデ校2015年10月17日 私大初の日語教師講座開講=2月開始、汎米協会が連携=南十字星大リベルダーデ校  2012年に聖市の3大優良私学に選ばれた「クルゼイロ・ド・スール(南十字星)総合大学」のリベルダーデ校に、2月から『ポルトガル語・日本語教師養成コース』を開設するにあたり、14日午後、準備作業を手伝っているパンアメリカン日系人協会ブラジル支部の矢野敬崇会長らが会見し、開設経緯 […]
  • 秋篠宮両殿下=JICA青年らとご懇談=各地での奮闘に感心される2015年11月14日 秋篠宮両殿下=JICA青年らとご懇談=各地での奮闘に感心される  【既報関連】10月末から12日間当地に滞在された秋篠宮同妃両殿下は同28日午後、聖市内ホテルで各地に派遣中のJICAボランティアと懇談された。日本語教師、介護など様々な方面で奮闘中の58人に対し、両殿下は一人ひとりの声に耳を傾けられた。 青山将之さん(30、静岡)は「現職教員 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成2015年8月13日 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成  サンパウロ大学(USP)や関係学会により、10~13日まで開催されている日本語教育に関する国際シンポジウム『EJHIB2015』の事前行事として日本語教師向けワークショップが9日、ニッケイパレスホテルであった。早稲田大学中川千恵子、東京大学大学院峯松信明両教授が講演を行った。 […]