ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 山田勇次ジャナウーバ市長は、稲盛哲学のポ語の本を300冊購入して、市職員を中心に配布し、その考え方を市運営に広く役立たせるという試みを始めているという。日本では6月21日にテレビ番組『海を越えた侍たち(藤岡弘、がブラジルで見つけた日本人の心)』で、藤岡さんが話を聞きながら「日本の武士道がここで生きている」と心底感心する様子が放送された。番組では「日本でも自分の住む場所の市長を知らない人がいっぱいいるのに、ジャナウーバ市で道端を行く市民に尋ねたら全員が知っていた」との驚きのナレーション。長男ジュンさんは「市長の任期を終える時には、今とは『まったく別の市役所』になっているのは間違いない」と語った。
     ◎
 盛和塾GEF合同例会でグランジャ・スマレーを経営する伊藤悟さん(78、広島)に話を聞くと「入塾3年だが目からウロコ、すごく学ぶこと多い。このやり方なら損しないと確信する」と何度も頷いた。思えばバストスだけでサンパウロ州消費量の5割を生産している。それに加え、200万羽養鶏をするこの伊藤さんや、スザノ福博村の井野一彦さんらもおり、サンパウロ州鶏卵生産の相当部分を日系農家が支えている計算になる。農業界で日系人の存在が薄くなったと言われるが、養鶏業界においてはまだまだ健在だ。
     ◎
 宮崎県人会前会長の谷広海さん一周忌が7日、サンパウロ市西本願寺で行なわれ、100人以上が参列に駆けつけ、故人の人望の厚さと親交の広さを伺わせた。谷さんが意気込んでいた同県人会65周年事業の式典や夜神楽公演は大成功に終わり、初代世話人だった盛和塾のGEF合同例会でも貢献が称えられた。息子アキラさんは「父は『コロニアのために』を口癖のように言っていた」とか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]