ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 米国がイスラム国への包囲網を作ったり、太平洋では対中国の大規模演習が行なわれるなど、北半球は騒がしくなるばかり。幸いなことにブラジルでは民族テロも宗教戦争もない。全伯短歌大会の題詠では「世界中今も昔も平和なし真の平和は先ず家庭から」という作品も。「敗戦の焼あとの中這い出でて探し求めて平和な国へ」からは戦後移民らしい視点が感じられる。1位の「森深く平和に暮らす先住民森を焼かれて荒地さまよう」はインディオを詠んだもの。たしかにテロは無いが、森を焼かれる先住民がいて、銃犯罪死者が年5万人とへたな戦争より多いなど、実はブラジルも平和ではないのかも―と考えさせられる1首か。
     ◎
 約1500枚もの写真が収録された沖縄県人会の100周年記念写真集。編集委員が発見した新資料が満載で、かなりの読み応えがある。しかし、写真集めのために各地を行脚した前田徳英副会長は、「調査中に知った県人の苦労や活躍はまだ書ききれていない」と心残りがあるという。写真集という性質上、個人史的な文章はあまり載せられなかったそうだ。写真集が完成したばかりで少々気が早いかもしれないが、ぜひ次は「個人史集」も期待したいところだ。
     ◎
 グロリア街に置かれた羽藤親子の選挙看板に、突き刺したような穴が開けられている。他候補者のもいくつも置かれる中、なぜか羽藤ジョージサンパウロ州議と、連邦下議に初出馬した息子のアレックスさんの分だけ顔に穴が。何かの腹いせか? 特定の日系候補を狙った行為だけに、少々不気味だ…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 南青協総会=ピラルクー料理に舌鼓み=神代組2人参加、旧交温め2019年1月22日 南青協総会=ピラルクー料理に舌鼓み=神代組2人参加、旧交温め  南米産業開発青年隊協会(南青協、渡邉進会長)の「2019年度定期総会・新年会」が19日午前11時、サンパウロ市の山形県人会館で開催され、夫人同伴で約30人が参加した。  会場の上座には創立者の長澤亮太氏の遺影が置かれ、鈴木源治さんの司会で、先だった数々の同志に1分間 […]
  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]
  • 大耳小耳2018年6月28日 大耳小耳  サッカーW杯日本代表対ポーランド戦が28日午前11時から始まる。試合はジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52)と岩手県人会(R. Thomaz Gonzaga, 95)のほか、カフェ喜怒哀楽(Rua São Joaquim, […]
  • 日本会議=文化人類学者招き講演会=安田、渡辺氏が文明談義2015年8月27日 日本会議=文化人類学者招き講演会=安田、渡辺氏が文明談義  ブラジル日本会議(徳力啓三理事長)が9月1日午後2時から宮城県人会大講堂(Rua Fagundes, 152, […]
  • フォーラムの中で沖縄の黄金言(こがねことば)について講演する様子2015年5月22日 沖縄系コミュニティの複雑な事情  「ウチナーグチ(沖縄語)は無上の財産」をテーマにした沖縄県人会フォーラムに参加し、「ブラジルでポ語中心に行われた」ことに感じ入った。と同時に事情の複雑さに考えさせられた。一県人会がこのような催しをすること自体がすごい▼ただし気になったこともある。講演者からは、 […]