ホーム | イベント情報 | 22カ国33団体が出演=国際民族舞踊祭、今週末

22カ国33団体が出演=国際民族舞踊祭、今週末

 ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)が27、28の両日、『第43回国際民族舞踊祭』を文協ビル大講堂(Rua Sao Joaquim, 381)で行なう。入場料15レアル、学生・高齢者は10レ。
 初日は午後4時から、二日目は午後3時から開始。今年は22カ国から33団体以上が参加し、各国の民族衣装を身につけた踊り手たちが華麗な踊りを披露する。
 開催中はサロンで各国料理や民芸品が販売され、各コロニアの伝統芸能、文化を楽しめるイベントとなっている。昨年は約2500人が来場し、出演者は指導者など関係者も含め1千人近くを数えた。
 問い合わせは文協(11・3208・1755)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンジョゼ校〃開校〃へ=裁判所の仮判決受けて2006年12月22日 サンジョゼ校〃開校〃へ=裁判所の仮判決受けて 2006年12月22日付け […]
  • 東西南北2008年12月19日 東西南北 ニッケイ新聞 2008年12月19日付け […]
  • 原野さん支援団体がツイッターで流した画像メッセージ2015年7月11日 原野秀樹さんに無罪判決=昨年のW杯反対デモで逮捕=弁護士「不当、見せしめ」  昨年6月23日夜、サンパウロ市パウリスタ大通りであったW杯公費乱用反対デモで逮捕された日系四世の原野秀樹ファビオさんの刑事裁判で、無罪判決が6月26日に出された。G1サイト6月29日付、R7サイト6月30日付などが報じた。原野さんは昨年6月23日から8月7日まで刑務所に勾 […]
  • コチア青年移住 半世紀の時刻む=多くは還暦、古稀迎え=なお青雲の志胸に2005年1月1日 コチア青年移住 半世紀の時刻む=多くは還暦、古稀迎え=なお青雲の志胸に 1月1日(土)  壮大な野心と希望に満ち溢れた男たちだった。一九五五年九月十五日、約四十日間の船旅を終えた百九人の若者がサントス港に降り立ってから今年で半世紀の節目――。その背景や形態から日系移民史でも特筆されるべき存在である「コチア青年」が九月に五十周年記念式典を開 […]
  • 大耳小耳2017年11月7日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(東京都港区)が刊行する無料誌『ブラジル特報』9月号は女性特集。《法曹界における女性進出―日伯比較》を読んでいたら、衝撃的な数字が。日本弁護士連合会のデータ(2016年3月)では、男性が3万7680人なのに対して、女性は桁違いに少ない6896人とのこと。わ […]