ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 県連代表者会議で正式発足した日本祭りの実行委員会。山田、市川両氏の続投に本橋幹久会長は、「役員との間に癒着があるのでは、との噂があるようだが絶対にあり得ない」と一蹴。また会議後の懇親会を重視し、活発に意見交換することで、「開けた組織作りを心がけている」とも。「日本祭り実行委員の経費負担」も同会長の配慮によるもので、〃本橋色〃がキラリと光る。この調子で日本祭りの運営もプロに任せてみる?
     ◎
 1962年5月11日にサントス港に到着した「あるぜんちな丸」第12次航。当時の資料を残すため、2003年に乗船者達が開設したサイト「私たちの40年!!あるぜんちな丸同船者寄稿集」の総アクセス数が、公開から12年をかけて350万に達した。次世代に日本人移民の歴史を残すとき、記念誌の発刊などが、一番に思い浮かぶところだが、この種の取り組みはもっとあっていい。いろいろな形で移民の歴史を残していくことが、これからは重要になっていくかも。
     ◎
 群馬県大泉町を舞台に、日系ブラジル人と日本人がサッカーで町興しを実現する『サンゴーヨン★サッカー』の制作が進んでいると朝日新聞電子版が報じた。出演者は町の住民たち。学校でいじめられてポ語を話すことも拒否していたが、母国へ留学しその魅力に目覚めたという三世の平野勇パウロさんも出演する。従来の「アイデンティティにゆれる日系人」から、「日本人と共に社会を築く日系人」へと、在日ブラジル人のイメージが変わりつつあるのかも。公開予定は来年1月という。元祖〃ブラジルタウン〃大泉ならではの快作を期待したいところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想2008年7月5日 コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け  コロニア新世紀を迎えた今、ブラジルは空前の日本ブーム。日本食はもちろんのこと、高まる日本語熱、そして、様々な日本文化の影響は、すでにこの国の多様性を語るには欠かせない要素となっている。百年をかけて浸透し、ブラジル化した〃日系文化〃が […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]