ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ジャングルマラソンに挑んだ「Team AHO」は、無謀なチャレンジを重ね、他人に一歩踏み出す勇気を与えようと活動中。頭文字を取りA(明るく)、H(他の誰かを)、O(応援する僕たちの挑戦)をテーマに掲げている。過去にはサハラ砂漠のマラソンにも挑戦。彼らの活動に元気をもらう人も多いとか。南麻州に移住した小野田寛郎さんが生きていれば、ジャングル暮らしのアドバイスをしたかも?
     ◎
 同マラソンを完走した日本人はこれまで5人ほどで、全て男性だったとか。今回女性として、山口敦子さんが初制覇という記録も残した。また同じく280キロ部門個人戦にはもう一人の日本人、若岡拓也さんも。3位に入る好成績で、日本人の活躍が光る大会となったようだ。昨年から日本でも、石川県白山で同種のマラソンが開催されている。彼らにとってはわずか1週間の競技地だが、サンタレン近くにはかつての日本人入植地も。時代は変った?
     ◎
 包装フィルムをめくれば、いつでもパリパリののりで味わえる日本式の〃コンビニおにぎり〃が、東洋街の「丸海」で販売中だ。梅、サーモンなどが並んでおり、思わず手にとったが4・5レという価格を見て、日本なら100円なのに…と、そっと棚へ。太巻きタイプ(6・5レ)もあったが、大量生産して値段を下げてほしいところ。定番の中身だけでなく、リングイッサを入れたり、ピザのポルトゲーザ風の具にするとか、当地らしいネタにも期待?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年11月19日 大耳小耳  南麻州ドウラードスにある陸軍西部方面軍の松田ルイ・ユタカ少将の提案で、29年間もジャングルで遊撃戦を展開した陸軍軍人・小野田寛郎氏の生涯をまとめた本が、ブラジル陸軍監修の出版物として来年後半に発刊されることが正式に決まったことは、本面7月19日付けで報じた。その後も徐々に […]
  • 大耳小耳2014年2月19日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月19日  USP医学部出身の尾崎医師は、1974年~79年に野球クラブに所属し、ピッチャーを務めた。75年度の部長でもある。「創設当時、部員はほとんどベネズエラ人留学生で、ブラジル人は唯一日系人が一人いただけだった」とか。当時は、1930年代半ばに […]
  • 大耳小耳2014年2月5日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月5日  ダリアの球根は、開花時期の調整のため、思った以上に繊細な管理が必要のようだ。6月頃から球根の堀上げ、株分け、冷蔵処理による強制的休眠を2カ月間、発芽を促す過程など経て、3月のダリア祭で華麗に咲き誇るという。病気対策も必須で、連作障害にも気を […]
  • 大耳小耳2014年1月18日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月18日  2006年からナタル市に在住する日本人会のメンバー、中村恵美子さんは「日本のメディアが流すナタルの情報には実態に即していないものも多い。マナウスと一緒くたにされ『高温の灼熱地獄』とか、現地在住者にとっては間違い探し状態」とため息。だからこ […]
  • コラム オーリャ!2004年12月25日 コラム オーリャ!   三十一年前、市内のOホテルで、初めて小野田寛郎・元陸軍少尉に会った時のことを鮮明に覚えている。元軍人は前年ルバング島から生還し、移住を決めて初来伯、記者会見したのであった。 […]