ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 文協古本市には『源氏物語』を探しに来た非日系もいたという。「現代語訳は色々な訳者のものがあるから、誰の翻訳がほしいのって聞くと、『紫式部です』って言うのよ」と林まどか文協図書委員長。「現代語訳」の言葉の意味が分からなかったのか、原文が読みたかったということなのか、結局2~3冊の「源氏物語」を買って帰ったとか。当地では日本語の書籍が日本の価格の約3倍と贅沢品。2~10レアルで買える古本市は貴重な機会だ。比較的新しい本も多いので、今回行きそびれた方は4月にぜひ。
     ◎
 今年のドラフト会議で楽天から4位指名された白鴎大のルシアノ・フェルナンド外野手(22、三世)が29日、学生最後の試合を終えた。関東大学選手権の準決勝で、上武大に7―2で敗れたとスポーツ報知などが伝えている。九回2死満塁で打席に立ち、二ゴロで試合終了。四番を務めた同選手は、「みんなが繋いでくれたのに」と悔しがったという。これを糧にこれからはプロ野球の世界で羽ばたいて!
     ◎
 飯田茂領事部長によれば、在聖総領事館の管轄内には、今年100歳を迎えた人が37人もいるそうだ。去年は33人だったので4人増。これまでに100歳を迎えた人を含めると100歳以上は106人になる。日本では43年間100歳以上が増え続けているというから当地でもこのまま増え続ける可能性が大。男女共に世界最高齢の記録を持つのは日本人で、男性が111歳、女性が116歳だ。当地から最高齢が出るのも夢じゃない?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年5月11日 大耳小耳  第442部隊は「テキサス大隊の救出」で救出した直後、当然のことテキサス大隊は抱き合って喜んだ。だが同大隊のバーンズ少佐が軽い気持ちで「ジャップ部隊なのか」と言ったため、第442部隊の少尉が「俺たちはアメリカ陸軍442部隊だ。言い直せ!」と激怒して掴みかかり、少佐は謝罪して敬礼 […]
  • 大耳小耳2019年4月25日 大耳小耳  日毎叢書企画出版(前園博子主宰)による『楽書倶楽部』第47号が4月に刊行された。冒頭には、ほんのり初恋のほろ苦さが漂う移民ならではの短編ロマンス「再会」(広川和子)。本紙でもおなじみの毛利律子さんによる「見直したい、美しい日本語(1)」も考えさせられる一文。「ありがとう」は漢 […]
  • 大耳小耳2019年2月9日 大耳小耳  本日1面には内閣府から「日・ブラジル首脳会談」という政府広告が掲載されている。このような日本政府の広告はとても珍しく、安倍総理が来伯してから始まった。「ブラジル日系社会の皆さんに、直接に報告したい」という総理の熱意の表れの一端ではないかと思われる。しかも今回のものは、短いなが […]
  • 大耳小耳2019年1月10日 大耳小耳  俳誌『蜂鳥』344号が刊行された。《思ひ出せぬまま初夢の失せにけり》(富重かずま)は、皆に心当たりのある体験。《忘れてたお金見つかる春の服》(伊藤みち子)は、仕舞う前に洗濯をしていたら紙幣がバラバラになっていたかも。《春霞喉元過ぎてラヴァジャット》(高橋紫葉)では、春が来てポ […]