ホーム | コラム | 樹海 | 子育てに不寛容な日本社会

子育てに不寛容な日本社会

 日本最高裁が「妊娠や出産を理由とした降格は違法」との初判断を示した。妊娠や出産をきっかけに女性が職場を追われたり、嫌がらせを受けたりすることを「マタニティ・ハラスメント」といい、日本ではこうしたケースが後を絶たない▼「休むと迷惑」「仕事を続けたければ子供は諦めろ」と圧力をかけられたり、過労により流産するケースもある。妊婦の扱いがこれでは少子化になるのが当然だが、企業にしてみたら「妊娠は迷惑だが少子化は困る。誰かが何とかして」という発想なのだろうか▼少し前、〃ベビーカー論争〃というのも勃発した。通勤ラッシュ時にベビーカーを畳まず電車に乗るのはマナー違反かという議論だった。「せめて畳んでほしい」「ラッシュ時は避けてほしい」といった意見が多かった。母親のマナーが悪い場合もあるのだろうが、そもそもこうしたテーマが議論に上ること自体、子育てへの不寛容さの表れだ▼当地で出産した日本女性は、例外なく「ブラジルは子育てしやすい」と言う。バスや電車の中では席を譲ってもらえるし、道を歩くと町中の人が声をかけてあやしてくれるし、大半の飲食店には子供用の椅子があり、時にはボーイが遊んでくれる▼かといって躾の甘い当地のやり方を賛美する気はないが、仕事の効率や時間を優先するあまり、子供であれ妊婦であれ、それを障害とみなす日本社会のあり方は、国の繁栄の根を絶つという意味で自虐的だ。世界有数の発展を誇りつつも、仕事をしながら趣味や育児を楽しみ、家族と幸せに暮らす―そんなゆとりある社会がなぜか遠い。「旅行で行くには良いが住むのは御免」と言う日本移民の気持ちが少し分かる。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉2019年3月22日 「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉  14日に出た判決を巡って、現在、最高裁が批判の矢面に立たされている。それは同裁が、「ラヴァ・ジャット(LJ)作戦のような大型汚職犯罪の場合でも、選挙に使われた隠し口座の裁判は選挙裁判所で行なう」との投票結果を下したからだ。これを「国を揺るがした大型汚職事件に対しての妨 […]
  • 州立校での銃乱射事件から1週間を経て2019年3月22日 州立校での銃乱射事件から1週間を経て  サンパウロ大都市圏スザノ市で起きた州立校銃乱射事件から1週間が経ち、20日には初七日のミサも行われた▼17歳と25歳の元在校生が、彼らも含めて10人の死者と11人の負傷者を出した事件だ。その後は、葬儀の様子や授業再開に向けた準備などの報道と共に、約1年半かけた準備段階に関与し […]
  • ブレグジット/トランプ/ボウソナロに裏の繋がり?2019年3月19日 ブレグジット/トランプ/ボウソナロに裏の繋がり?  ボウソナロ大統領誕生の裏の立役者に、「ボウソナロのグル(精神的指導者)」オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ(Olavo de […]
  • 「マリエーレ事件の謎と奇遇」の今後の展開は?2019年3月15日 「マリエーレ事件の謎と奇遇」の今後の展開は?  12日、事件発生1年を直前にしたタイミングで、リオ市会議員マリエーレ・フランコ氏の殺害実行犯が逮捕された。だが、「これで解決」ではなく、むしろ、これからの展開が注目だ▼思えば殺人事件に関して、マリエーレ氏殺害後の伯国内での反応ほど奇妙なものを見たことは、コラム子の人生 […]