ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年5月18日

 もう古い話だけれども、子どもの頃にイナゴを煮たのをよく食べさせられた。あまり美味いものではなかったが、田舎の村では、どうも昔から伝わる食習慣らしく、仲間の悪たれ小僧らも田圃や灌漑用の堀で蛙を捕まえ火で焼いたのが「うまいんだ」と自慢していた。岐阜の山奥では「蜂の子」が好まれ、食べ物の王様とされているの話を耳にしたのは学生になってからだが、このように昆虫を食べるのも、地方色豊かというか—とても多彩なものらしい▼こんな食卓風景は日本だけかと思っていたら、世界では20億人を超える人々が毎日のように「昆虫を食べている」のだそうな。しかも、バッタや甲虫など1900種を越える虫をパクパクと舌に乗せニコニコしていると国連食糧農業機関(FAO)は報告している。それも昨日や昨年に始まったのではなく大昔からの伝統食であると指摘している▼そして—「栄養万点」とし、鉄分などは牛肉よりも多いそうだ。と、いいことずくめなのだが、味の好みもあるし匂いや昆虫の姿格好もあるし、誰しもが「ご馳走さま」と参るかどうか—と疑問も多い。FAOは、人間だけではなく、鶏などの家畜の飼料としても活用したいと推奨し、昆虫は飼育しても温室効果ガスを殆ど出さないので環境破壊も極めて少ないと褒め称える▼だが、TVの映像などによく登場する「食」をテーマにした映像には、食材としての昆虫がよく出てくるが、残念ながら食欲はまったく起こらないし、むしろ拒絶反応が強い—と、ここは国連のお奨めながらほどほどに食べる—で勘弁して貰い手打ちとしたい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • スーパーエルニーニョと大災害2019年10月31日 スーパーエルニーニョと大災害  風台風15号と雨台風19号による被害が続いた日本。1日も早い復旧を願わされる中、28日にスーパーエルニーニョと地球温暖化に関する記事を読んだ▼エクアドルに近い赤道付近の海面水温が平年より高い状態が1年以上続き、世界各地で大雨や干ばつなどを引き起こすエルニーニョ現象。だが、ハワ […]
  • 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」2019年10月29日 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」 ブラジル沿岸部における史上最悪の環境破壊  想像してほしい。たとえば故郷の美しい海岸の見渡すかぎりが、真黒な原油の塊でベトベトになっている様子を…。そこでは人はもちろん、鳥もウミガメも、魚すらも汚染され、次々に健康を害していく。  8月30日に最初の原油漂着が発 […]
  • 南米にもジョーカー君臨か?2019年10月25日 南米にもジョーカー君臨か?  ここ数カ月、世界中を激震させるような抗議行動が連鎖反応のように起こっている。香港、レバノン。そして南米でもエクアドルとチリで民衆と政府が激しく激突した。こうした状況を見て、「もしかして、ジョーカーは時代を予見したのか」「実在して、世界を混沌に陥れているのではないか」。 […]
  • 予期せぬ出来事で苦しむ時2019年10月24日 予期せぬ出来事で苦しむ時  職場のパソコンが止まり、サイト用に送りそこなった記事がある。ミナス州ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊による252人目の犠牲者の遺体が19日に見つかった件だ。事故の3カ月前、双子の息子の1人を殺人事件で失っていた母親は、やっと戻ってきたもう1人の息子の遺体を隣に葬った▼遺族の苦しみ […]