ホーム | 日系社会ニュース | 「憩の園」騙る寄付詐欺=吉安会長が注意呼びかけ

「憩の園」騙る寄付詐欺=吉安会長が注意呼びかけ

 救済会「憩の園」の名を借りて寄付金集めを行っている詐欺師の男がいるとの情報が、吉安園子会長から寄せられた。先月末にサンパウロ市ピニェイロス区で被害にあった会員からの連絡で発覚した。
 詐欺師は70代の日系人、身長は約160センチで日本語を話す。「年末寄付」の名目で寄付金を集めていると言い、寄付者名と寄付金額が書かれた名簿を見せながら詐欺を行うという。
 吉安会長によれば、過去にもプラサ・ダ・アルボレやセアザで同様の手口を行った男がおり、同一犯である可能性が高いという。
 吉安会長は「救済会では、このような特定個人による寄付活動は行っておりません」と話し、注意を呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オーリャ!2015年7月23日 オーリャ!  「喫煙者が多い」がブラジルの第一印象だったが、すぐに屋内喫煙が禁止されているから、外で吸っている人が多いだけで、実際は日本よりも少ないことを知った。 箱に描かれるグロテスクな写真が個人の健康に訴えかけ、効果を上げているのかもしれない。 日本では「禁煙」という言葉は流行語の […]
  • 静岡県菊川市=外国人児童の教育現場は今=人格形成と社会適応の現実=(10、最終回)=幸せに生きられる居場所2015年12月30日 静岡県菊川市=外国人児童の教育現場は今=人格形成と社会適応の現実=(10、最終回)=幸せに生きられる居場所  焼津市の賛同を得られず、同教室が閉められる知らせは、子供たちにとっても講師たちにとっても、非常に残念な知らせとなった。 「どうにかしてくれるでしょ、と周りに言われるが、さすがに厳しい」と山下さん。「私のプロジェクトじゃない、子供たちのプロジェクトなんだということが理解されてな […]
  • ビル倒壊の犠牲者6人に=事故直前に支柱を削る映像も2019年10月19日 ビル倒壊の犠牲者6人に=事故直前に支柱を削る映像も  【既報関連】15日の朝、ブラジル北東部のセアラー州フォルタレーザで起きたビル倒壊事故から4日目となる18日、事故直前に建物1階にある駐車場で、技師の指導の下で大工が支柱を削ったりしていた映像が公開された。  この映像はビルの中に設置された防犯カメラによるもので、大工 […]
  • コラム オーリャ!2008年6月11日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年6月11日付け  サンパウロ市で開かれたバンデイランテス植民地出身者の集いを訪ねた。 […]
  • 乾杯する松田氏(左から2人目)と池田氏(同3人目)。岡村少将(中央)も同期の昇進に笑顔2014年6月3日 日系少将 松田、池田両氏を祝賀=「侍の心」胸に飛躍誓う  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)は5月29日夜、ブラジル陸軍の松田ユタカ氏と池田リュウゾウ氏(ともに53、二世)が少将に同時昇格したことを記念し、同協会ビルで昇格祝賀会を行った。日系団体から祝賀プレート、友人らから日本刀などが贈られた。 2人は改めて日系移民の先 […]