ホーム | ビジネスニュース | 年間貿易収支赤字で終る=11月の結果に政府も諦観=2000年以降で初めて

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル・ルネッサンス元年=新たな10年の幕開けに向けて2019年1月9日 ブラジル・ルネッサンス元年=新たな10年の幕開けに向けて  新年あけましておめでとう御座います。この場をお借りし、旧年中の当商工会議所の活動に対する皆様のご支援とご協力に対し、改めて厚く御礼申し上げます。  昨年は移民110周年という記念すべき年であり、各地で様々な催しが開催されました。私自身公私に亘り様々な形で参加させて頂 […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ大統領がグローボの寡占禁止に動く=フロッタが法案のリーダー=背後に同局との激しい対立2019年1月9日 《ブラジル》ボルソナロ大統領がグローボの寡占禁止に動く=フロッタが法案のリーダー=背後に同局との激しい対立  ボルソナロ大統領(社会自由党・PSL)がグローボ局の市場寡占を弱めさせるためのプロジェクトに着手しているという。この背後には、同局と同大統領の間の対立が存在する。8日付フォーリャ紙が報じている。  ボルソナロ大統領は7日の国営銀行総裁就任式での演説で「最近、BV(テ […]
  • 《ブラジル》マクロン仏大統領がボルソナロ批判=環境問題への姿勢を疑問視=国際関係に影響する可能性も2018年12月1日 《ブラジル》マクロン仏大統領がボルソナロ批判=環境問題への姿勢を疑問視=国際関係に影響する可能性も  フランスのエマニュエル・マクロン大統領は11月29日、G20サミット開催直前のアルゼンチンで、環境問題に対するボルソナロ次期大統領の姿勢を強く批判し、それが同国との通商に影響することを示唆した。11月29日、30日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。  マクロン大 […]
  • 東西南北2018年10月18日 東西南北  セアラー州フォルタレーザ大都市圏のイタイチンガ市の刑務所で13日、11歳の少女が強姦される事件が起きた。この少女は、同日9―16時の面会時間に、母親と一緒に服役中の父親に会いに来ていた。事件は少女が父親に付き添われて独房を出た瞬間に起きた。別の受刑囚が少女をさらい、犯行に及ん […]
  • 東西南北2018年10月16日 東西南北  民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボルソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のため […]