ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | サンパウロ市交通死亡事故者が増加=制限速度引き下げを決定

こちらの記事もどうぞ

  • 制限速度改定より1カ月=事故発生件数は3割低下2015年8月22日 制限速度改定より1カ月=事故発生件数は3割低下  7月20日にマルジナル・チエテ、同ピニェイロスの両幹線道路の制限速度が改定されて以来、死傷者が出る事故の件数が29%減ったとサンパウロ州交通工学社(CET)が発表したと20日付エスタード紙が報じた。 14年7月20日~8月14日に両道で起きた事故での死傷者は110人だったが、 […]
  • 杜撰な自転車道が招いた事故=サンパウロ市長の目玉政策に疑問符2015年8月21日 杜撰な自転車道が招いた事故=サンパウロ市長の目玉政策に疑問符  17日午後、サンパウロ市中央部のコスタ・エ・シウバ高架橋(ミニョコン)下のオリンピオ・ダ・シルヴェイラ大通りで、道路を横断中だったフロリスヴァウド・カルヴァーリョ・ダ・ロッシャさん(78)が通勤途中のジルマール・ライムンド・アレンカール氏(45)の自転車に撥ねられて死亡した事 […]
  • 市内に拡がる自転車道(Kelsen Fernandes/Fotos Publicas)2015年5月23日 サンパウロ市の動脈にも自転車道=パ大通りから左右に延伸  フェルナンド・ハダジサンパウロ市長(労働者党・PT)は、ルーズベルト広場からパウリスタ大通り(以下パ大通り)を越え、ジャルジンス区エスタードス・ウニードス街に至る、コンソラソン街(以下コ街)全体に自転車道を拡大する予定だと、22日付エスタード紙が報じた。工事の日程は未確定 […]
  • ルーラ前大統領出馬準備か=ブレーンを集め政策など検討2015年5月20日 ルーラ前大統領出馬準備か=ブレーンを集め政策など検討  ルーラ前大統領は次回大統領選に出馬の噂が出る度にそれを否定し続けてきたが、次回18年に起こりうる大統領選出馬のためのブレーンを集め始めたと18日付フォーリャ紙が報じた。 「未来のためのグループ」と名付けられたグループは14年に編成され、ルーラ氏の政策事務所であるルーラ研究 […]
  • 聖市内を走るバス(Fabio Arantes/SECOM)2014年12月6日 サンパウロ市バス=10分の1は運行されず=「責任は市に」主張の運輸会社  サンパウロ市では運行されるべきバスの10分の1が実際には運行されていないのに、運行会社はなんの罰金も受けていないことが判明したと4、5日付のフォーリャ紙が報じている。 この事実は、フェルナンド・ハダジ(労働者党・PT)サンパウロ市長が市内の公共交通機関の実状を精査するため […]