樹海

 日本から戻ると、町の至るところにクリスマスツリーやサンタクロースがお目見えしていた。日本ではちらほらだったので、一気に迫った感が新鮮だった。午後5時ですでに暗かったのが、8時でも明るい。イルミネーションを楽しめる時間は少ないとはいえ、各施設や家なども趣向を凝らしてライトアップし、雰囲気を盛り上げる。時差ボケで起きた真夜中に楽しませてもらった▼プレゼントを贈る相手も、家族や恋人など特別な人に贈ればいい日本と違い、親戚、学校の先生、アパートの管理人に至るまでプレゼントが飛び交う。年末は何かと物入りだ。となると、激しいクリスマス商戦を想像するが、どうも盛り上がりに欠けるようだ▼本紙でも取り上げたが、クリスマスの支出を昨年以下に抑えようとする消費者が43%にも上るという。昨年の小売店の前年比の販売増は5・1%とよくはないのだが、今年は2・3%に留まるようだ。ちなみに商品別にいうと、玩具20・7%、本8・1%、嗜好品5・3%、電子機器5・2%、香水4・4%、衣類4・2%、靴3・5%、家庭用品0・5%、家電製品0・3%とか▼国民の半数がクレジットカードの負債などを抱えていては財布の紐も固かろう。例年のことだが年末は、ひったくりや強盗が多発するので気をつけたいところ。一方、カトリック大国だけに施しを与えることに熱心な面もあるので、プレゼントやお金をもらうため路上生活者を装う家族もいるようだ。クリスマスが済むと貧民街にある自分の家に戻っていくという。悲喜こもごものブラジルの師走、いつまで経っても乗り切れないのは日本人の性か。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 煙草に増税を発令=不況対策の免税減税補填2009年4月1日 煙草に増税を発令=不況対策の免税減税補填 ニッケイ新聞 2009年4月1日付け […]
  • ブラジルの経済成長=22年までは世界平均以下?=国際通貨基金が新たな予想2017年4月21日 ブラジルの経済成長=22年までは世界平均以下?=国際通貨基金が新たな予想  国際通貨基金(IMF)が18日、ブラジル経済の成長は緩やかで、少なくとも2022年までは世界平均を下回るとの予想を発表した。  IMFの予想では、ブラジルは今年、リセッション(景気後退)を抜け出すが、その後の成長は緩やかで、今年の国内総生産(GDP)の伸びは0・2%、来年も […]
  • 在サンパウロ総領事館=休館日のお知らせ2019年12月5日 在サンパウロ総領事館=休館日のお知らせ  在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)は、12月24日(火)が「クリスマス・イブ」、12月25日(水)「クリスマス」、12月30、31日は「行政機関の休日」となるため休館となる。 […]
  • 東西南北2015年9月23日 東西南北  8日、サンパウロ市南部グラジャウーで、14歳のスザーネ・パウリーノ・ダ・シウヴァさんが自宅で何者かに金槌で頭を殴られ、死亡する事件が起きたが、21日、スザーネさんと同じ学校に通う15歳の女子生徒が市警で事情聴取を受け、自分が殺したと自供した。この少女は事件直後からスザーネさん […]
  • 《ブラジル》薬剤耐性の高い結核増加=3倍に増えて1日3件も2019年4月9日 《ブラジル》薬剤耐性の高い結核増加=3倍に増えて1日3件も  ブラジルでは09年以降、薬剤耐性の高い結核の患者が3倍に増え、1日3件発生していると8日付現地紙が報じた。  17年に報告された結核患者は7万3200人で、1日200人が罹患している。同年の発生率は35・3人/10万人で、15年の34・1人以降、16年の34・3人の […]