ホーム | コラム | 樹海 | 大統領は経済重視と言うけれど

大統領は経済重視と言うけれど

ファイザー社のワクチンを搭載してヴィラコポス空港に到着した航空機(1日夜、Divulgacao/MInisterio da Saude)

ファイザー社のワクチンを搭載してヴィラコポス空港に到着した航空機(1日夜、Divulgacao/MInisterio da Saude)

 新型コロナの初の感染者確認から462日目、ワクチン接種開始からも4カ月半近い1日、第1四半期の国内総生産(GDP)が昨年同期を1%超えたと報じられた。
 昨年第1四半期は既に感染者と死者も出ていたから、本当はこの時点でもコロナの影響は出ていたのだが、コロナ禍の中での初の昨年同期超えはやはり喜ぶべきだろう。
 他方、連邦政府が本気で感染抑制に取り組んでいれば経済の回復はもっと早かったのにと思える情報も続いている。
 その一つは予防接種に関係するものだ。上院のコロナ禍議会調査委員会での証言からは、連邦政府がコロナバックやファイザー社のワクチンの国内での適用を遅らせた事が明らかになった。ブタンタン研究所が契約締結かとぬか喜びした事や、ファイザー社の提案が数カ月無視された事は広く報じられた。
 他方、サンパウロ州セラーナ市での実験的集団接種では成人の75%まで接種が進んだ時点で明確な差が表れ始め、死者は95%も減った。また、同市周辺の企業が、感染を広げたり、感染で重症化する可能性が減った人達を雇用したがっている事なども報じられた。
 これらの情報は、ブラジルはもっと早い段階で予防接種実施が可能だった事や、死者増を抑制できた事、経済回復がもっと早かった可能性を示す。2日付エスタード紙などでは、新型コロナと積極的に取り組んだ国はGDPも成長しており、伯国のランキングは19位に転落とも報じている。
 さらに加えたいのは、ボルソナロ大統領が否定したがるロックダウンなどの社会隔離政策の効果だ。サンパウロ州で初めてロックダウンを採用したアララクアラ市は、周囲の市で感染拡大が広がる間も感染者や死者の減少と病床占有率の低下を記録。つい先日、同様の厳しい外出規制を敷いたバタタイス市も、入院待ちの人が皆無となった。
 だが、思い切った規制採用を避け、中途半端な状態で規制緩和と強化を繰り返したところでは、安定した経済活動復活が困難で100年以上の伝統を持つパン屋が閉店といった話も出ている。100年前のスペイン風邪流行時も同様の事実が確認されていた。
 だが、大統領は常に、経済活動継続のために規制緩和を説き、予防接種にも反対した。彼に従っていれば変異株や死者はもっと増え、経済回復もより遅れていた事を多くの事実が示している。(み)


★2021年6月2日《ブラジル》第1四半期にGDPが1・2%成長=感染第2波が進む中でも=庶民の実感とは程遠く
★2021年2月11日《記者コラム》イスラエル並に迅速な予防接種を!
★2021年6月1日《サンパウロ州》集団接種で死者95%に激減=セラーナ市の実験で効果歴然=周囲では感染増が続く中
★2020年4月2日外出規制は経済回復を早める=米国の例が大統領の弁の反証に
★2021年1月1日【2021年新年号】《記者コラム》コロナ禍の大被害は避けられたか=挙国一致で取り組めないブラジル=ワクチン完成しても安心できない?
★2021年4月9日《ブラジル》大統領がワクチン接種加速化を約束=企業家たちとの晩餐会で=「財界との信頼回復」のため=接種状況は収束には程遠いが

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]