ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日本最年長の指揮者でブラジルの作曲家ヴィラ・ロボスの作品普及に努めた村方千之さん(福岡)が14日、東京都内の病院で心不全により亡くなった。享年89。1974年、リオデジャネイロで行われたヴィラ・ロボス国際指揮者コンクールで特別賞を受賞後、日本でヴィラ・ロボスの作品普及に尽力。88年にはブラジル政府からその功績が認められ、国家勲章の中で最高位の一つである「リオ・ブランコ勲章」が贈られた。日本ヴィラ=ロボス協会会長、東京都中学校吹奏楽連盟初代理事長なども務めた。
     ◎
 17日午前9時前、サンパウロ市リ区のタマンダレー街とコンセリェイロ・フルタード街の交差点で、自動車と路上清掃員の接触事故が起きた。駆けつけた警察官に支えられ、千鳥足で歩く加害者の女性運転手は憔悴しきった様子。清掃員は目立った怪我こそないが、倒れたままピクリともしなかった。飲酒運転だったのか急いでいたのか、いずれにせよ事故を起こしてからでは後の祭り。年末年始の慌しい時期なので、皆さんもくれぐれも気をつけて。

image_print

こちらの記事もどうぞ