樹海

 日本に帰って、「あっそうだったか」といまさらながら気付くことがいくつかある。一つが、タバコとその匂いである。ブラジルではレストランや室内の施設で禁煙が法律で決まっているため、タバコの匂いに敏感になる。日本は今でも、喫茶店や居酒屋、飲み屋で禁煙というところは少ないし、分煙とはいえ匂いはする。全体的に非寛容な社会だが、税収の問題もありタバコには甘いといったところか▼1965年の調査以降初めて、喫煙率が20%を切った(JT調べ)という。男女別では、男が30%で女性が9%。66年には50%が吸っていたというから、すごい減少率だ。5人に1人しか吸わないのに、どこでもタバコが吸えるのが少々不思議だ。確かに喫煙者は減っているように思う。本紙に研修でやってくる大学生らで喫煙者は思い起こしてもいない。編集部でも10年ほど前は、仕上がった原稿片手に一服していたが、今では喫煙者はゼロである▼韓国では、今月1日からブラジル同様、完全禁煙となった。ちなみに韓国では成人男子の40%が吸うというから、なかなかに厳しい。昨年11月から値段も倍となり、買い占めする消費者の間でトラブルが続発したとか。血気盛んな国民性の上、ストレス過多な社会だけに各地で波紋を呼んでいそうだ▼ブラジルでは、そんなにトラブルはなかったような気がする。かつ現在まで徹底しているのがブラジルらしくない。日本から戻って、やはりいいなと思うのは店内の空気のキレイさだ。ただ、タバコのパッケージのグロテスクなデザインを朝のパダリアで見てしまうのが辛いところだが。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?2019年10月18日 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?  ボウソナロ大統領、および、彼の息子たちの一族に一時期ほどの勢いがなくなっている。それは世論調査で、ボウソナロン政権の治世への支持率で否定的なものが肯定的なそれを上回り始めていることでも明らか。さらに、先週から勃発した「社会自由党(PSL)離党問題」でそのイメージはなお […]
  • ガンの治療に新たな道2019年10月17日 ガンの治療に新たな道  末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかった患者がある日、痛みが消え、歩けるようになった▼先週からこんな風に話題となっているのは、サンパウロ州リベイロン・プレットのサンパウロ総合大学血液センターでラ米初のCAR―T細胞療法を受け […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • どこも異常な現在の南米2019年10月11日 どこも異常な現在の南米  5年以上続いている政治的混迷がボウソナロ政権以降にますます深みにはまっている伯国。だが、現在の南米を見ていると、おかしいのはこの国だけでないことがすぐわかる▼それはもちろん、マドゥーロ極左政権の暴走で国際的な孤立状態になって久しいベネズエラや、実業家出身の保守派大統領 […]