ホーム | 日系社会ニュース | 広島県=筆の里絵てがみ大賞で=大塚さん3年連続で佳作に
佳作に選ばれた作品を持つ大塚さん
佳作に選ばれた作品を持つ大塚さん

広島県=筆の里絵てがみ大賞で=大塚さん3年連続で佳作に

 聖市在住の大塚弥生さん(70、山口)の作品が「第18回筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞」において、応募3回のうち3年連続で佳作に選ばれた。筆の全国生産量の約80%を占めることで有名な広島県安芸郡熊野町の「筆の里振興事業団」と中国新聞が共催するもの。
 入選作は昨年11月に同地博物館「筆の里工房」で展示され、作品集に掲載された他、当地に「文化種蒔人の証」カードが送られてきた。
 自ら杖をついて歩く大塚さんは「絵手紙は、大病を患った人や苦労している人に特に愛されている。入院中にもらった一枚の葉書の温かみに涙するような経験がある人にこそ、絵手紙を薦めたい」と熱く語った。
 「4回里帰りしたが、その時『ちゃんと食べてるの』とか『トマトある?』とか人間のクズのように扱われた。ブラジルの印象がとにかく良くない。だから、少しでも良い面を日本に伝えたいと思って、この賞に応募している」との真情を吐露した。
 今回の作品でも、椰子の果汁に対して「多くの人の汗と愛情がいっぱい含まれた水だ。ありがとう命の水」と感謝の心をしたためている。
 06年から絵手紙の教授を始めた。「もっとブラジル人にも広めたい」と夢は広がるばかりの様子。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 援協=先細りの地区委員に危機感=昨年だけで1割減、4503人に2019年11月1日 援協=先細りの地区委員に危機感=昨年だけで1割減、4503人に  サンパウロ日伯援護協会(与儀上原昭雄会長)は「第42回地区組織委員総会」を22日、聖市の援協本部ビルで行った。各地の地区委員19人と役員ら約50人が出席。年会費は100レアルで据え置くことが決まり、園田明憲委員長から会員の減少が課題として挙がった。  10月19日時点で個人 […]