ホーム | ビジネスニュース | 水や電気への不安募る=国内総生産は2%低下?=工業界に迫られる節約や再利用
水問題を巡る会合後の記者会見(1月30日、左からジェラウド・アウキミン聖州知事、アロイジオ・メルカダンテ官房長官、イザベラ・テイシェイラ環境相、José Cruz/Agência Brasil)
水問題を巡る会合後の記者会見(1月30日、左からジェラウド・アウキミン聖州知事、アロイジオ・メルカダンテ官房長官、イザベラ・テイシェイラ環境相、José Cruz/Agência Brasil)

水や電気への不安募る=国内総生産は2%低下?=工業界に迫られる節約や再利用

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 15.24%の水道代調整を認められたSabesp(Fernanda Carvalho/Fotos Públicas)2015年5月6日 Sabesp=水道代15%値上がりへ=全国のダム貯水量にも不安  カンタレイラ水系を中心に14年から水危機が叫ばれる中、サンパウロ州水道公社(Sabesp)に水道代を15・24%調整する許可が下りたと5日付伯字紙が報じた。 大サンパウロ市圏やカンピーナス地方の給水源であるカンタレイラの水危機は、同公社に、節水やボーナス(割引)による減収 […]
  • 水位低下が続き地面もひび割れたジャグアリー貯水池(Fernanda Carvalho/Fotos Públicas)2014年10月24日 TCU=連邦政府の責任を追及=水不足はサンパウロ州のみならず=電力不足の懸念も高まる  連邦会計検査院(TCU)が22日、南東伯での少雨、干ばつに関し、連邦政府がしかるべき措置をとっていたかを調査する事を決めたと23日付伯字各紙が報じた。 TCUが調査対象とするのは、環境省と国家水資源庁(ANA)だ。ジウマ大統領や労働者党関係者はサンパウロ州カンタレイラ水系 […]
  • リオ市警=フルナス巡る汚職摘発=クーニャ被告に新たな疑惑2017年6月9日 リオ市警=フルナス巡る汚職摘発=クーニャ被告に新たな疑惑  リオ・デ・ジャネイロ州市警が8日朝、リオ州とサンパウロ州で、電力会社フルナスを巡る汚職摘発のための「バロン・ガトゥノ作戦」を敢行したと同日付現地紙サイトが報じた。  今回の作戦はラヴァ・ジャット作戦(LJ)関連の捜査で得た情報を基に、リオ州市警が単独で担当した初の作 […]
  • 14日、カルドーゾ元大統領(右)とアエシオ氏(Tom Dib/ ACOM Bruno Covas)2014年6月17日 10月選挙=各政党が続々と候補発表=アエシオは政権奪取誓う=PSBは連立与党批判展開=「嫌悪に勝つ」とルーラ  14~15日は各地で10月選挙への候補公認のための党大会が開催され、民主社会党(PSDB)のアエシオ・ネーヴェス氏が大統領選への出馬を正式に表明したのをはじめ、大統領候補や知事候補が続々と公表された。16~17日付伯字紙が報じている。 PSDBの党大会は14日にサンパウロ […]
  • 安心するのはまだ早い!=水の使用量増加で罰金2割2015年3月13日 安心するのはまだ早い!=水の使用量増加で罰金2割  2月、3月はサンパウロ州でも平年以上のペースで雨が降っているが、12日朝9時のカンタレイラ水系の貯水率は14・0%。未開の水域開放前の水準ならマイナス15・2%で、アウト・チエテも20・4%のみだ。カンタレイラは大サンパウロ市圏への水の最大供給者の座を未開の水域を持たない […]