ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 15日のジウマ大統領退陣要求デモ――報道に携わる者として現地に行くべきか逡巡していた。現場の空気を体験しておくべきではないか、と。
 しかし数々の抗議デモが時に暴徒化し、混乱に乗じて破壊活動をする輩が現われたり、制圧のために軍警はゴム弾、催涙ガス弾を使う可能性があることを知っていたため、少々怖さを感じ、結局行かなかった。
 夕刻、リベルダーデ大通りにいたら、サッカーの応援団かと見紛うような格好をした、抗議行動を終えた人々が、笑みさえ浮かべながら歩いてきたのを見て、「お祭り騒ぎと勘違いしていないか」と、ふと思った。
 有権者がすべき最も重要なことは、選挙時のイメージ戦略に乗せられず、正しい候補に投票をすることだ。そのためには、政治家が何をしているかを普段から監視する必要がある。デモを「お祭り騒ぎ」で終わらせないためには、むしろこれからが大事だ。(規)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか2018年10月30日 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか  今年、リベルダーデで一番賑やかだった街頭の打ち上げ花火は、サッカーW杯ではなく、ジャイール・ボルソナロの当選だった。  半年前、支持率トップでありながらも、大半の国民からは「どうせ本命ではない」と期待を込めて思われていた人物が、最後までトップを保った。  本人もグ […]
  • 《ブラジル》かつての世界7位の資産家、バチスタ氏裁判=贈賄などで禁固30年の判決=司法取引の不成立により=カブラウ元知事にも22年8カ月2018年7月5日 《ブラジル》かつての世界7位の資産家、バチスタ氏裁判=贈賄などで禁固30年の判決=司法取引の不成立により=カブラウ元知事にも22年8カ月  かつて一世を風靡したブラジル人企業家で、2012年には米誌フォーブスに「総資産300億ドルで、世界第7位の資産家」とも紹介されたエイケ・バチスタ氏が3日、贈賄と資金洗浄の罪で、禁固30年、罰金5500万レアルの有罪判決を受けたと、3、4日付ブラジル各紙が報じた。   […]
  • 東西南北2018年3月17日 東西南北  14日夜以降、「マリエーレ・ショック」に襲われている最中のブラジル。国内ニュースはこの件でほぼ独占状態だが、それにしても、国民がこれほどに一致団結して抗議活動を行うのはジウマ大統領の罷免前以来ではないだろうか。不人気なテメル政権やルーラ元大統領の裁判結果に対しても、国民の反応 […]
  • 東西南北2018年1月5日 東西南北  3日にブラジルをアッといわせた、クリスチアーネ・ブラジル氏の労働相就任。父のロベルト・ジェフェルソン氏はメンサロンの暴露者であるだけでなく、政界に対しても歯に絹を着せぬ発言を行ってマスコミの注目を集める名物政治家だが、クリスチアーネもかなりの曲者。16年4月のジウマ大統領罷免 […]