ホーム | 日系社会ニュース | 米国=ワシントン州=大戦の日系悲劇を教訓に=教育プログラム助成求める

米国=ワシントン州=大戦の日系悲劇を教訓に=教育プログラム助成求める

ワシントン州下院議会でのデイ・オブ・リメンブランス会議に立ち会う二世復員軍人会関係者たち(写真=ユージーン・タガワ)

ワシントン州下院議会でのデイ・オブ・リメンブランス会議に立ち会う二世復員軍人会関係者たち(写真=ユージーン・タガワ)

 【北米報知2月26日付け】ワシントン州の日系人の歴史を振り返る「デイ・オブ・リメンブランス」の議決案が州下院で2月19日に可決。当地から足を運んだ二世復員軍人会、日系市民協会、ワ州日本文化市民会館、ウイングルーク博物館の代表者をはじめ、多くの日系関係者が立ち会った。
 同議案は毎年、日系人強制退去につながった大統領令9066号発令日の2月19日に合わせ、州日系議員が中心となり提出される。今年は州下院のみだったが、下議議決案4613号がシャロン・富子・サントス下議から提出された。
 州内約1万2000人の日系関係者が受けた強制退去、戦場における日系部隊の活躍、リドレス(戦後補償)活動や政府謝罪につながった連邦法案がワシントン州のロビー活動から始まったことについて触れている。一連の歴史を教訓に同じ過ちや悲劇が起きないように訴えかけ、議案は満場一致で採択された。
 日系関係者たちは会議後、州議会内会議室で州政府、州議会議員と懇談。ジェイ・インスリー知事も出席するなか、二世関係者が第二次世界大戦時の経験を語り、人種差別や不正義の再発を防ぐべく啓蒙の重要性を説いた。
 現在地元日系関係団体は、教育機関を通じ日系人の経験を伝えるキップ・トクダ記念教育プログラムの助成を求めている。
 2000年から08年まで行われていた助成プログラムは、現在会議で討議中の16年、17年の州予算へ組み込まれることが期待されている。インスリー知事が発表した予算案では25万ドルが含まれた。
 下院議決案4613号はサイト(http://lawfilesext.leg.wa.gov/biennium/2015-16/Pdf/Bills/House%20Resolutions/4613-Japanese-Americans-WWII.pdf)で見られる。(N・A・P)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(2)2021年5月7日 安慶名栄子著『篤成』(2)  私は安慶名栄子から、この本を沖縄の親戚の皆さんに父の足跡を知って頂きたく日本語に翻訳したい、という相談を受け、早速宮原ジャネ朋代にお願いして出来上がった翻訳文を一気に読みました。いや、引き込まれるように読み続けずにはおれませんでした。読み終わって後も感動の波が私の胸の中に波打 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 『篤成 俺は世界一幸せな爺さんだ』=無名の英雄物語、掲載開始2021年5月6日 『篤成 俺は世界一幸せな爺さんだ』=無名の英雄物語、掲載開始  本日から新しいノンフィクション小説『篤成(あつなり) […]
  • ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん2021年5月4日 ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん  「ブラジル浪曲協会」最後の会長、浪曲名人「月若(つきわか)」としてならした樋口四郎さん(福岡県)が、4月30日15時30分に聖州カンピーナス市内の自宅で亡くなった。行年85歳。1日に家族と知人のみで告別式を行い、同市内の墓地「Cemitério Parque […]