ホーム | 日系社会ニュース | 米国=ワシントン州=大戦の日系悲劇を教訓に=教育プログラム助成求める

米国=ワシントン州=大戦の日系悲劇を教訓に=教育プログラム助成求める

ワシントン州下院議会でのデイ・オブ・リメンブランス会議に立ち会う二世復員軍人会関係者たち(写真=ユージーン・タガワ)

ワシントン州下院議会でのデイ・オブ・リメンブランス会議に立ち会う二世復員軍人会関係者たち(写真=ユージーン・タガワ)

 【北米報知2月26日付け】ワシントン州の日系人の歴史を振り返る「デイ・オブ・リメンブランス」の議決案が州下院で2月19日に可決。当地から足を運んだ二世復員軍人会、日系市民協会、ワ州日本文化市民会館、ウイングルーク博物館の代表者をはじめ、多くの日系関係者が立ち会った。
 同議案は毎年、日系人強制退去につながった大統領令9066号発令日の2月19日に合わせ、州日系議員が中心となり提出される。今年は州下院のみだったが、下議議決案4613号がシャロン・富子・サントス下議から提出された。
 州内約1万2000人の日系関係者が受けた強制退去、戦場における日系部隊の活躍、リドレス(戦後補償)活動や政府謝罪につながった連邦法案がワシントン州のロビー活動から始まったことについて触れている。一連の歴史を教訓に同じ過ちや悲劇が起きないように訴えかけ、議案は満場一致で採択された。
 日系関係者たちは会議後、州議会内会議室で州政府、州議会議員と懇談。ジェイ・インスリー知事も出席するなか、二世関係者が第二次世界大戦時の経験を語り、人種差別や不正義の再発を防ぐべく啓蒙の重要性を説いた。
 現在地元日系関係団体は、教育機関を通じ日系人の経験を伝えるキップ・トクダ記念教育プログラムの助成を求めている。
 2000年から08年まで行われていた助成プログラムは、現在会議で討議中の16年、17年の州予算へ組み込まれることが期待されている。インスリー知事が発表した予算案では25万ドルが含まれた。
 下院議決案4613号はサイト(http://lawfilesext.leg.wa.gov/biennium/2015-16/Pdf/Bills/House%20Resolutions/4613-Japanese-Americans-WWII.pdf)で見られる。(N・A・P)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今2020年12月3日 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今  例年なら7月1日に調整されるサンパウロ州の州道の通行料が、新型コロナのために5カ月先延ばしされ、12月1日に調整された。  料金調整の対象となったのはアンシエッタ、イミグランテス、アニャンゲーラ、バンデイランテス、プレジデンテ・カステロ・ブランコ、ラポゾ・タヴァレス […]
  • 【特別寄稿】コロナ明けに行きたい博物館=コーヒーの歴史と魅力堪能=サンパウロ・ヴィラカロン在住 毛利律子2020年12月2日 【特別寄稿】コロナ明けに行きたい博物館=コーヒーの歴史と魅力堪能=サンパウロ・ヴィラカロン在住 毛利律子 案外難しいコーヒー作り  ニッケイ新聞11月14日号に、カフェ・ファゼンダ・アリアンサ社の新商品「ドリップバッグ・コーヒー」のことが紹介された。私は幸運にも、この記事より一足先に商品を味わい満喫している。早速、その会社のネットサイト(https://cafefaz […]
  • サントス日本人会文化祭=メールなどで広く意見募集2020年12月2日 サントス日本人会文化祭=メールなどで広く意見募集  サントス日本人会(AJS、中井貞夫会長)は12月2日、3日の19時から「Bunkasai […]
  • 東西南北2020年12月1日 東西南北  自分が推薦した候補の勝率が市長選で芳しくなかったボルソナロ大統領だが、2年後は自分の大統領選が控えている。それに備えた「対策」なのか、以前のような手作業の票集計に戻すよう主張している。本人の意見では「その方が正確」とのこと。だがその証拠はなく、ルイス・ロベルト・バローゾ選挙高 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]