ホーム | イベント情報 | モジ秋祭り、来月11日から=30回目は「未来」テーマに

モジ秋祭り、来月11日から=30回目は「未来」テーマに

秋吉副会長(左)と中山会長

秋吉副会長(左)と中山会長

 モジ・ダス・クルーゼス文化協会(中山喜代治会長)が『第30回秋祭り』を11、12、18、19日の4日間、同文協スポーツセンター(Av. Japao, 5919, Porteira Preta)で開く。入場料は一般14レアル、学生、60歳以上、20人以上の団体は半額、7歳までは無料。
 開場は全日午前10時からで、土曜は午後10時、日曜は同8時まで。慰霊祭は11日午前8時半、開幕式は同10時から行なう。テーマは、日本文化の更なる継承を願って「未来」とした。
 新鮮な野菜、果物、花卉の物産展や、和太鼓、民謡、歌唱力の高いコロニア歌手が集うカラオケなど数々の演目が披露される。ミス秋祭りコンテスト、灯篭流し、日語校による絵画展に、しめじ料理、和牛ハンバーグなどの食事も楽しめる。来場見込みは10万人。
 案内のため来社した中山会長、秋吉功副会長は「演目に展示会と、盛り沢山。一日中楽しめます」と来場を呼びかけた。
 詳細、前売り券購入は公式サイト(www.akimatsuri.com.br)から、問い合わせはモジ文協(11・4791・2022)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ