ホーム | 連載 | 2015年 | 終戦70周年=〃台風の目〃吉川順治の横顔=身内から見た臣聯理事長 | 終戦70周年=〃台風の目〃吉川順治の横顔=身内から見た臣聯理事長=(5)=理屈っぽい謡曲教師の姿

終戦70周年=〃台風の目〃吉川順治の横顔=身内から見た臣聯理事長=(5)=理屈っぽい謡曲教師の姿

伯謡会で見せた明るい表情の吉川

伯謡会で見せた明るい表情の吉川

 早田さんは「吉川さんは洗濯屋の仕事は手伝わないが台所を良くやってくれた、軍隊式でね。今日は何と一週間分の献立を表にして貼り出し、その通りに作った。家族の分全員を作ってくれ、けっこう美味しかったんですよ。本当に真面目に仕事をする人だった」と懐かしそうに目を細める。
 「戦争前には、よく青年が出入りして謡いや生け花を習いに来ていた」と思い出す。その一人が文協ビルを設計した建築家・鈴木威のようだ。
 『伯謡会の回顧』(鈴木威、84年)には、神宮皇学館教授にして宝生流謡曲の大家・宝生流の鈴木暢幸氏(鈴木威氏の父)が1939年8月から半年間滞在したのをきっかけに、10月から同会が発足したとある。
 その中で鈴木威氏は第2次大戦中、《伯謡会ももう会合などは出来ず、さびしい毎日であった。でも吉川氏宅では皆個人教授を受けていたが、吉川氏は謡曲は能の謡でなければならないとし、お年寄りの方々にも、びしびしと拍子の事をやかましくやられた。段々と謡が難しくなるにつれ、一寸かじられた方々などは、吉川氏の教え方は「理屈っぽくて話にならん」などと言って去って行った人も多かった》(24頁)と当時の様子を書き記す。
 のちに最初の暗殺事件で狙われたバストス産業組合理事長の脇山甚作大佐も、吉川と同じ頃に出聖し、近くに住んでいた。
 『伯謡会』で鈴木威氏は《父が帰国しましてからは、陸軍中佐の吉川順治氏が音頭を取って練習を続けました。同氏は謡(宝生流)の外、太鼓葛野流の名手で、地拍子(リズム)とか囃子の一般を伝授されました。(中略)吉川氏が大鼓、私が小鼓でした》(108頁)と書いている。
 認識派のパウリスタ新聞の『コロニア戦後十年史』(以下『十年史』と略、56年)には、《一九四二年二月十一日紀元節を期して退役陸軍中佐吉川順治を中心とする謡同好会の会員により「戦時下祖国に忠誠を尽くすには、いわゆる臣道実践しかない」というので同志の糾合、趣旨の伝達が図られることになった。これが臣道聯盟のそもそもの発祥であり~》(9頁)とし、まるでその謡同好会が臣聯の元になったように記述しているが、誇張だろう。もし、そうであれば後の認識派の主要メンバーも聯盟員でなければおかしい。
 1939年11月に行われた第2回謡曲会の来会者には、後に認識派となる赤間みちえ、加藤好之、蜂谷専一、石原桂造、翁長助成、野村忠三郎、羽瀬作良、高岡専太郎らの姿も見えるからだ。
 1943、4年頃、マリリア周辺の蚕小屋焼き討ちや薄荷栽培農家への脅しが行われた。『十年史』によれば戦時中に《吉川順治が書いた「薄荷国賊論」がその指導理念となった~》(9頁)といわれ、《直接行動を指導したのが(中略)渡真利成一といわれている~》(同)とある。
 家族からすれば「そんなものホントに書いたのでしょうか。まったく知らない。とても穏やかな人で、ただはっきりとした物言いをする人ではあった」(早田談)。
 早田さんは「戦争が終わってから渡真利とか幹部の一部が、頻繁に出入りするようになった。吉川の名前を勝手に使って、自分の好きなようにやったのではないでしょうか。家族の中では『言ってもいないことが、理事長が言ったかのように広がって困る。本当に迷惑している』と言われていました」と振りかえる。(つづく、一部敬称略、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ五輪金メダリスト=ラファエラ・シウヴァが人種差別に=タクシーで自宅に帰るだけで職務質問2018年2月24日 リオ五輪金メダリスト=ラファエラ・シウヴァが人種差別に=タクシーで自宅に帰るだけで職務質問  リオ五輪女子柔道57キロ級金メダリストのラファエル・シウヴァが22日、自身の住むリオで人種差別の被害を受けたことを、ツイッターを通じて読者に発信した。  彼女のツイッターによると、22日、ラファエラは旅行先からリオのガレオン空港に着き、タクシーでリオ西部にある自宅に […]
  • コラム 樹海2008年5月14日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2008年5月14日付け […]
  • ガン病院にサンタが登場=ロープを使って壁を下る2014年12月10日 ガン病院にサンタが登場=ロープを使って壁を下る  9日、サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノにある子供や青年のガン患者支援グループ(Graac)の病院にサンタが現れ、ガンの治療を受けている子供や青年にプレゼントを届けた。 11階建てのGraac本部屋上から、約30メートルの距離をロープで降りてきたサンタは、地上で待ち受 […]
  • JICA基礎Ⅰコース=日本で学ぶ準備終了=日本語教師ら2008年6月10日 JICA基礎Ⅰコース=日本で学ぶ準備終了=日本語教師ら ニッケイ新聞 2008年6月10日付け  JICA日本語教師基礎Ⅰコースで、六月から四カ月間の本邦研修を行う研修生六人は、五月六日からブラジル日本語センター(谷広海理事長)で一カ月間の事前研修を行っていた。 […]
  • 煙草で1日357人死亡=疾病治療費に210億レ=業界の対策の甘さに批判2012年6月1日 煙草で1日357人死亡=疾病治療費に210億レ=業界の対策の甘さに批判 ニッケイ新聞 2012年6月1日付け  ブラジルでは1日357人が煙草に起因する病気で亡くなっており、2011年に政府が喫煙に関連する病気の患者の治療につぎこんだ金額は210億レアルに及んだことがわかった。5月31日付伯字紙が報じている。 […]