ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 ブラジルジュニア代表対日体大、野球の親善試合を取材した。
 野球指導ボランティアとして、2年の滞伯経験とワールド・ベースボール・クラシックブラジル打撃コーチの経験を持つ日体大野球部黒木豪コーチ(29)とブラジルチーム関係者が笑顔で旧交を温める姿が印象的だった。
 流暢なポ語で挨拶する同氏に、来伯当初の様子を聞くと「始めは理解者も少なかったが、1日10単語、少しずつポ語を覚え、野球を教える仕事に必死にとりくんでいたら、理解者が現われた。私には〃ブラジルの家族〃がたくさんいる。野球を通じて日伯の架け橋になっていきたい」と語った。
 その姿に「教員が目標だったが、コーチを見て海外に出たくなった」と語る学生も。
 自ら道を拓き、後輩に背中で道筋を示す若き野球コーチ。彼のような人材が新世代の日ブラジル交流の旗手になって欲しいと願った。(規)

image_print

こちらの記事もどうぞ