樹海

 携帯などのカメラで自撮りをすることを「セルフィー」という。写真撮影は昔からあるごく普通の行為だが、自宅で、旅行先で、街中で、風景やイベントを楽しむよりも自撮りに熱中する若者が多いので、こんな専門用語が出来てしまった▼最近は、カメラを取り付けられる自撮り専用の支え棒まで登場した。中には自撮り熱が高じて注意散漫となり、不慮の事故に遭う人もいるというくらい、一部の青年にとってネット上での自己アピールは欠かせない▼なぜそこまで夢中になるのかといえば、やはり注目を浴びれば嬉しいし、支持されれば安心するのが人間だからだろう。自分の人生が一層価値を帯び、一種のアイドル気分にも浸ることができる。それで、実際にアイドル化してしまった青年もいる▼7年前にブログ「Depois dos Quinze」を始めた20歳のブルーナ・ヴィエイラさんは、本の出版からメディア露出までをこなし、月に最高6万レアルを稼ぎ出す腕利きだ。ブログは自身の日常、恋愛、悩みを綴った日記のようなものだが、大衆の共感を得、160万人もの〃信奉者〃ができた▼私生活を赤裸々にファンと共有し、月収最高6万レを稼ぐクリスチャン・フィゲレード(20)も、クルトゥーラ書店で初の出版記念会を開いた所、千人もが詰めかける大騒ぎになったとか▼投資はパソコンとインターネットと、私生活をさらけ出す恥を捨てること。それで当たれば一攫千金。どこにでもいる一青年が一躍アイドルになれるわけなので、単なる「自己愛熱」と一笑に付すことはできない。セルフィー含め、自己プロデュースに心奪われる青年が多いわけだ。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 人気のベストセラー作家=チバさん新著出版記念会2007年12月14日 人気のベストセラー作家=チバさん新著出版記念会 ニッケイ新聞 2007年12月14日付け  高名な日系精神科医で知られるチバ・イサミさん(66、二世)のベストセラー『Quem Ama, Educa!』(愛するなら教育しなさい、Editora […]
  • 東西南北2020年7月15日 東西南北  サンパウロ市で起きた、51歳の黒人女性をうつ伏せにして、軍警が首を踏みつけて動けなくしていた事件は、「ブラジルのジョージ・フロイド事件」として全国的に強い怒りを買っており、軍警側もことを重く見ている。軍警広報のオスマリオ・フェレイラ氏は「ジョージ・フロイド事件の場合、取り締ま […]
  • 山形名物芋煮会26日に=大好評「早めの来場を!」2019年5月15日 山形名物芋煮会26日に=大好評「早めの来場を!」  山形県人会(篠原俊巳会長)が「第4回芋煮会」を26日正午から、山形県人会館サロン(Avenida Liberdade, 486, sala 24, 25, […]
  • 海軍初の日系中将・和田氏=軍技術センター所長に就任2019年1月12日 海軍初の日系中将・和田氏=軍技術センター所長に就任  ブラジル海軍で初の日系人将官となった和田典明氏(58、二世)が、昨年の11月に海軍中将に昇進し、1月7日にはサンパウロ市にある海軍技術センターで所長就任式典が行われた。日系人が海軍中将になったのは、同氏が初めて。元海軍大将でボルソナロ内閣の鉱山動力大臣を勤めるベント・ […]
  • これからも母県とブラジルの架け橋に=群馬県人会=創立65周年と州県提携30年=副知事、議長ら迎え盛大に祝う2010年8月27日 これからも母県とブラジルの架け橋に=群馬県人会=創立65周年と州県提携30年=副知事、議長ら迎え盛大に祝う ニッケイ新聞 2010年8月27日付け  在伯群馬県人文化協会(内山住勝会長)は22日、サンパウロ市内ホテルで同会創立65周年および群馬県・サンパウロ州姉妹提携30周年記念式典を開催し、各地から約250人の会員が集まり盛大に祝った。 […]