ホーム | コラム | 樹海 | 映画『ミッドナイト・エクスプレス』でガッカリ

映画『ミッドナイト・エクスプレス』でガッカリ

 名画だと聞いていた映画『ミッドナイト・エクスプレス』(78年、アラン・パーカー監督)を先日初めて見て、ガッカリした▼固形マリファナ20キロを北米へ密輸しようとした米国人青年がトルコの空港で捕まり、刑務所で官吏に虐待され、最終的に脱獄(刑務所の隠語で〃深夜特急〃)する物語だ▼米国に逃げ帰った青年は、トルコの刑務所の酷さを暴露する本を書いてベストセラーになり、映画化され一躍ヒーローに。「実話に基づいている」なら、彼は麻薬密輸犯で、刑務所内で2人も殺した。外国でも〃正義の味方〃は悪人を殺す権利があるという考え方は、〃世界の警察官〃らしい感じがする▼70年代のヒッピー文化隆盛を経た米国はマリファナに寛容な価値観があり、麻薬厳禁のイスラム教国による禁固30年の判決は不当に見えるらしい。しかも非人道的な扱いの刑務所だから脱獄して当然という考え方は、相手国の主権が無視され、どこか傲慢な気がする▼現在からすれば、この時代から米国にはイスラム教国に懐疑的で、その主権を軽視する風潮があったことが伺える。イスラム教国インドネシアに麻薬を持ち込んだブラジル人青年が死刑判決を下され、ジウマ大統領が抗議し国交関係にヒビまで入れているのも似た構図か▼カトリックの隣国ヴェネズエラで警察が路上抗議者を弾圧して数人殺しても、ブラジルは「主権の問題」と静観しているのに、イスラム教国でブラジル人犯罪者が処刑されるのには抗議する。警官が次々に〃犯人〃を殺すのが黙認されるように見えるブラジルにおいて、「死刑」は嫌がられるのは、一体なぜなのだろう。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 国家高等教育試験担当が1日で解任=過去に過激な発言の数々2019年1月19日 国家高等教育試験担当が1日で解任=過去に過激な発言の数々  16日に国家高等教育試験(ENEM)の新コーディネーターとして公示されたムリーロ・レゼンデ・フェレイラ氏の指名が、1日で取りさげられた。同氏はかねてから個人的な問題が指摘されていた。17日付現地サイトが報じている。  ボウソナロ大統領は昨年行われたENEMで、同性愛に関する […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権2018年12月13日 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権  1968年12月13日、「ブラジルの軍事政権史上、最悪の悪法」と呼ばれた「軍政令第5条(AI5)」が通過。ブラジルは20世紀最大級の激動を生きることとなった。  事の発端は、同年3月28日にリオの大学生エジソン・ルイス・デ・リマ・ソウトさんがリオの軍隊に殺害されて大 […]
  • 《ブラジル》レヴィ元財相が社会経済開発銀行(BNDES)新総裁に就任へ=ゲデス次期経済相の同窓2018年11月13日 《ブラジル》レヴィ元財相が社会経済開発銀行(BNDES)新総裁に就任へ=ゲデス次期経済相の同窓  1月のボウソナロ新政権発足に向けた引継ぎ作業や人事が進む中、社会経済開発銀行(BNDES)総裁に、第2次ジウマ(PT・労働者党)政権で財相を務めたジョアキン・レヴィ氏の名前が浮上していると、12日付現地各紙が報じた。  現在、米国ワシントンの世界銀行で金融部長を務め […]
  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「ブラジルの“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義 […]