ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2009年6月24日付け

 先月にベレンやトメアスーに取材に行って感じたのは、全伯の地域によって戦後移民の役割がまったく違うことだ。一つの目安として主要団体の会長や事務局長を任じているかがある。会長は組織全体の中心、事務局長は実務のトップであり、共にその人の見識や物事の進め方に広い信任があるだろう▼〃アマゾン移民発祥の地〃トメアスー文化農業振興協会では会長自らが戦後移民だし、ベレンでも汎アマゾニア日伯協会、アマゾニア日伯援護協会の両事務局長は五十代の戦後移民であり、屋台骨をしっかりと支えている。総じてパラー州では戦後移民が日系社会の主軸となって切り盛りしていると感じた▼振り返ってサンパウロ市を見れば、文協では事務局長はおろか、会長と副会長の八人中で一人だけ。援協では事務局長は戦後移民。県人会においては今も戦後移民が半数以上の会長を任じているが、県連では会長、事務局長共に二世となった。最多の戦後移民がサンパウロ市付近に入ったはずだが文協やアリアンサなどの伝統的文化団体ほど、なぜか戦後移民の存在は薄く、代わりに戦前移民の子供、戦後移民と同年代である六十~八十代の二世がいる。それだけコロニアが古いということか▼パラナ州を見れば、元々戦後移民が少なかっただけに、大半の日系団体では会長・事務局長ともに二世どころか三世になっている。創立二十一年目のグルッポ・サンセイのように三世主体の日系活動をする団体が発足したのも早い。最も世代交代が進んでいるように見える▼ブラジル自体が多様化を特徴とするだけに、日系社会も地方によって特色がある。コロニアの奥は深いと痛感した。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 秋篠宮両殿下=アマゾンをじっくりご堪能=トメアスー産品の展示も=市場で魚や鶏類にご関心2015年11月11日 秋篠宮両殿下=アマゾンをじっくりご堪能=トメアスー産品の展示も=市場で魚や鶏類にご関心  パラー州都ベレンを訪問された秋篠宮同妃両殿下は3日午後4時半から、アマゾン入植86周年を祝う汎アマゾニア日伯協会で在留邦人ら25人とご懇談された後、地元日系人約300人が出席した講堂での歓迎式典に臨席された。翌日はヴェル・オ・ペーゾ市場やアマゾン河、エミリオ・ゴエルジ(エミー […]
  • コラム 樹海2013年10月3日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年10月3日  コロニアでどれほどの祭りを見てきたろうか。つくづく感じるというか呆れるのは、その尋常でないお祭り好きさだ。普段は土と向き合い、祭りではしっかりはしゃぐ。いわゆるハレとケだが、そんな農耕民族のDNAがしっかり受け継がれていることを実感する▼会 […]
  • 次世代の種蒔くイベント=ベレン日本週間に5千人=食、音楽、踊りで市民魅了=生田会長「来年は大規模に」2013年10月2日 次世代の種蒔くイベント=ベレン日本週間に5千人=食、音楽、踊りで市民魅了=生田会長「来年は大規模に」 ニッケイ新聞 2013年10月2日  「84年前に種が蒔かれたパラー日系社会は収穫を終え、希望の種を蒔く時代に」—。汎アマゾニア日伯協会の生田勇治会長は先月20日夜、シモン・ジャテネ州知事も出席した式典で、そう同地コロニアの〃成熟〃を表現した。在ベレン総領事館も共催し、16日に […]