ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | お騒がせ議員=ボウソナロがPP離党へ=大統領選に立候補か?

こちらの記事もどうぞ

  • シコ・ブアルキが6年ぶりのアルバム=音楽や歌詞での聴きどころは?2017年8月26日 シコ・ブアルキが6年ぶりのアルバム=音楽や歌詞での聴きどころは?  カエターノ・ヴェローゾやミルトン・ナシメントらと並ぶ、ブラジルと州音楽(MPB)界の重鎮、シコ・ブアルキ(73)が25日、6年ぶりとなる新作アルバム「カラヴァナス」を発表し、話題となっている。  シコは、MPB勢の中ではサンバ色の強い楽曲を書くシンガーソングライター […]
  • ウリセスが生誕100周年=ブラジル民主主義の象徴的政治家2016年10月7日 ウリセスが生誕100周年=ブラジル民主主義の象徴的政治家  ブラジル政治史に残る偉大な政治家にしばし数えられるウリセス・ギマリャンエス氏(1992年没)が6日で生誕100周年を迎え、その存在がいま一度注目されている。  「ウリセス先生」の名で親しまれたウリセス氏は、その生涯において大統領にまでたどりついたことはない。だが、ブラジ […]
  • ジウマ=罷免後も「クーデター」連発=懸命の主張も実際のところは?2016年9月2日 ジウマ=罷免後も「クーデター」連発=懸命の主張も実際のところは?  8月31日、ジウマ大統領は弾劾裁判で罷免されたが、その直後に発表した声明で「これ以降もミシェル・テメル新大統領の新政権に対する戦いを続ける」と、宣戦布告のような宣言を行った。  ジウマ氏は声明の中で「これは私が体験した、人生で2度目のゴウピ(クーデター)だ」とし、学生時 […]
  • サンパウロ市長選=エルンジーナの挑戦=81歳の左翼系元女性市長2016年4月12日 サンパウロ市長選=エルンジーナの挑戦=81歳の左翼系元女性市長  本来なら今頃は、10月に行われる全国市長選挙に向けて盛り上がり始めていなければおかしいのだが、ジウマ大統領の罷免問題でそれどころではないブラジル。だが、その陰に隠れながらも興味深い動きは起こっている。 そのひとつが、サンパウロ市長選に、元同市市長で現在81歳のルイーザ・エルン […]
  • 逆風下で現政権を擁護する大御所音楽家=「闘争の同志」のイメージ捨てられず2016年3月22日 逆風下で現政権を擁護する大御所音楽家=「闘争の同志」のイメージ捨てられず  ブラジルは現在、ルーラ前大統領(労働者党・PT)の官房長官就任という、想定をはるかに超えた「逮捕逃れ」の方法に呆れた国民らが、これまでにないほどの反政府的な怒りの中にある。 だが、ブラジル音楽界の重鎮の中には、この動きに反旗を翻す動きが見られている。 調査機関ダッタフォーリャ […]