ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | FARC の攻撃でコロンビア軍兵士死亡

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中2020年10月1日 【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中  新型コロナウイルスによる外出自粛令が発令されてから早くも7カ月――。「沖縄県人の団体活動もコロナの影響で止まり、自粛生活続きです。このコロナ禍生活は『群星』(むりぶし)第6巻の発刊準備に専念しています」。ブラジル沖縄県人移民研究塾の宮城あきら塾長(82歳、沖縄県)はそ […]
  • 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2020年9月30日 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  日本人ブラジル移住112周年記念に際し、御挨拶を申し上げます。   1908年に最初の移民船笠戸丸がサントス港に到着してから今年で112年となります。多くの先達の方々がこの広大なブラジルの地を訪れ、厳しい環境の中、幾多の困難を乗り越え今日のブラジル日系社会の発展の礎 […]
  • 東西南北2020年9月29日 東西南北  サンパウロ市保健局の発表によると、8月31日~9月18日のコロナウイルスによる死者増加率が最も高かったのは西部のヴィラ・ソニア区。死者は96人から137人に41人も増え、42・71%の上昇となった。隣接するモルンビも、47人から62人にと31・91%増えて4位、ピニェイロスは […]
  • 三菱UFJが1万3千ドル寄付=福祉援協で防護具購入費に2020年9月29日 三菱UFJが1万3千ドル寄付=福祉援協で防護具購入費に  7月上旬に三菱UFJ銀行から日伯福祉援護協会(与儀上原昭雄会長)に1万3千ドルの寄付があった。傘下の高齢者養護施設であるサントス厚生ホーム、カンポスさんくらホーム、スザノ・イペランジアホームの4施設で不足していた体温測定器や手袋・マスクなどの個人用防護具購入にあてられ […]
  • 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」を祝して=外務大臣 茂木敏充2020年9月28日 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」を祝して=外務大臣 茂木敏充 「移民の日特別号」の発刊に際して、ブラジルにおける「日本移民の日」に思いを馳せ、日本人移住者、日系人の皆様に心からお祝い申し上げます。 ブラジルにおいては、新型コロナウイルス感染症が拡大していると承知しております。新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた方々、御 […]