ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | サンパウロ市=デング熱死者の少年は=病気治療で来聖中の災難

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2003年1月29日 東西南北 1月29日(水) […]
  • 《ブラジル》連邦直轄区=デング熱患者が8割も減少=訪問や殺虫剤散布などが奏功?2021年6月8日 《ブラジル》連邦直轄区=デング熱患者が8割も減少=訪問や殺虫剤散布などが奏功?  新型コロナのパンデミックのため、保健局職員らの訪問、監視活動にも影響が出ている自治体が多いにも関わらず、連邦直轄区ではデング熱患者の数が昨年同期比で8割減ったと7日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  同区保健局によると、1月3日から5月20日の間に登録された患 […]
  • 《サンパウロ》人違いで実弾11発浴びる=幼稚園の女性教諭が襲撃死2021年5月26日 《サンパウロ》人違いで実弾11発浴びる=幼稚園の女性教諭が襲撃死  24日、サンパウロ市東部で、武装した強盗団が人違いを起こし、標的の人物とは無縁の幼稚園教諭らが乗る車に銃弾11発(車体の銃痕は16発分)を浴びせ、女性教諭2人が即死する事件が起きた。24、25日付現地紙、サイトが報じている。  事件が起こったのは24日の午前6時40 […]
  • 特別寄稿=《ブラジル》疫病は繰り返すものと知る=罹ったら死ぬしかなかった昔=サンパウロ市在住 毛利律子2021年1月28日 特別寄稿=《ブラジル》疫病は繰り返すものと知る=罹ったら死ぬしかなかった昔=サンパウロ市在住 毛利律子 鎌倉時代、狩野派の英一蝶作とされる九相図。小野小町を描く。九想図)とは、屋外にうち捨てられた死体が朽ちていく経過を九段階にわけて描いた仏教絵画。名前の通り、死体の変遷を九の場面にわけて描くもので、死後まもないものに始まり、次第に腐っていき血や肉と化し、獣や鳥に食い荒らされ、 […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]