ホーム | 文芸 | 刊行 | 『椰子樹』364号

『椰子樹』364号

 『椰子樹』3月号(364号)が刊行された。
 「わが愛する歌人(16)太田水穂」(菱川善夫)、「過去帳」(寺田雪恵)、「風のなか」(多田邦治)、題詠「自転車・じてんしゃ」ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2009年5月30日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2009年5月30日付け  「日本語勉強したいんだけど、気軽に行ける日本語教室知らない?」コロニアとは関わりを持ってこなかった二十、三十代の日系人の友人から、たまにこう聞かれる。 […]
  • 東西南北2019年5月1日 東西南北  ボウソナロ大統領が「農地内への不法侵入者への発砲は無罪」としたいと発言して物議を醸しているが、日本人としてはこれを聞くと、1992年に大きな波紋を呼んだ、米国での「日本人留学生殺人事件」を思い出してしまう。これは当時高校生だった日本の交換留学生がルイジアナ州でのハロウィン・パ […]
  • MST=アウキミンと接近示す?=PT地盤の活動団体だが=ジウマの対話不足突かれる=18年大統領選に影響か2016年1月16日 MST=アウキミンと接近示す?=PT地盤の活動団体だが=ジウマの対話不足突かれる=18年大統領選に影響か  大型の社会運動団体のひとつ、土地なし農民運動(または農地占拠運動、MST)の代表が14日、ジェラウド・アウキミンサンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)が裁可し、サンパウロ市のサンパウロ州庁舎で行われた新しい土地条例の調印式に参加し、同条例を賞賛した。これは、労働者党(PT) […]
  • 「日系文学」58号刊行=武本文学賞の受賞作掲載2018年5月25日 「日系文学」58号刊行=武本文学賞の受賞作掲載  『ブラジル日系文学』第58号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が3月に発行された。  今号は第35回武本文学賞特集。小説、俳句、短歌、翻訳の4部門の入選作品が紹介されている。また、ポ語頁では第56号から掲載開始された豊島与志雄の漫画『天狗笑い』も。  その他 […]
  • ロイヤリティ=大統領の拒否権敗北か=ジウマ氏は議会を尊重=産出地の取り分削減必至=リオ州知事は徹底抗戦へ2012年12月15日 ロイヤリティ=大統領の拒否権敗北か=ジウマ氏は議会を尊重=産出地の取り分削減必至=リオ州知事は徹底抗戦へ ニッケイ新聞 2012年12月15日付け […]