ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 JA全農(全国農業協同組合連合会)が年内に、英ロンドンで直営の和牛レストランを開くことになった。畜産総合対策部は消費拡大を狙い、国外に向けても市場を展開中だという。今月には米ロスにも同様の飲食店を出店したよう。「和食の普及・展開」といえば、ジャパンハウスの趣旨ともぴったり重なる。しかもロス、ロンドンは共に開設予定地だ。もしかして、サンパウロにも。牛丼の「すき屋」の次は、いよいよJAによる「本物の日本食」レストランが上陸する?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中2020年10月1日 【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中  新型コロナウイルスによる外出自粛令が発令されてから早くも7カ月――。「沖縄県人の団体活動もコロナの影響で止まり、自粛生活続きです。このコロナ禍生活は『群星』(むりぶし)第6巻の発刊準備に専念しています」。ブラジル沖縄県人移民研究塾の宮城あきら塾長(82歳、沖縄県)はそ […]
  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍で世代交代の光明=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 市川利雄2020年10月1日 【日本移民112周年記念】コロナ禍で世代交代の光明=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 市川利雄  今年、コロナウイルスによる未曾有の災禍の中、ブラジル日本移民112周年を無事、終えることができたことをうれしく思います。関連する行事を支えてくださった皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。  ご承知のようにブラジル日本都道府県人会連合会(県連)は各県 […]
  • 《サンパウロ市》家屋販売が46・3%増加=4カ月連続増で史上最良2020年10月1日 《サンパウロ市》家屋販売が46・3%増加=4カ月連続増で史上最良  ブラジル資産調査社(Embrasp)によると、サンパウロ市では家屋販売が増えており、8月は前月比で46・3%、昨年同月比では35・0%増の6350軒が売れたと9月29日付現地紙サイトが報じた。  新規家屋の売り出し数は8039軒で、前月より207・5%増、昨年同月比 […]
  • 東西南北2020年10月1日 東西南北  ブラジルが誇る世界的な音楽フェスティバル、2021年版「ロック・イン・リオ」の日程が9月29日に発表された。1985年に大成功を収め、伝説になった同フェスは、2011年から隔年開催となり、その都度大きな話題を呼んできた。21年度版の開催予定日は9月24~26日、9月30~10 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(15)2020年10月1日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(15)  1934年から1940年にかけて、ブラジル中央日本人会(1937年)、日伯産業組合中央会、日伯農業協会などが、1935年には画家による聖美会、在ブラジル日本人同仁会(1929年連邦政府認可)の医師らによる日本病院建設計画も進められ、1940年には日本商業会議所が設立さ […]