ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 「明け暮れの記」読後感=サンパウロ 小野寺郁子

「明け暮れの記」読後感=サンパウロ 小野寺郁子

 包装紙より取り出すや、パッ、と目の覚めるような色彩あざやかな表紙、それがこのたび武地志津さんが上梓された著書『明け暮れの記』である。
 320ページの手に重る本の内容は、随筆と短歌を主にした自分史、とも言える趣がある。29編の随筆は、一つ一つが丹念に彫られた人間像であって、読み進めれば明確に作者のイメージが浮かんでくる。
 内親をテーマにした虚飾ない作品からは、情こまやかな作者の息吹きが伝わってくる。表紙のデザイン装丁は、お孫さんの美紀ちゃんの担当とは嬉しいこと。
 美紀ちゃんの赤ちゃんの頃を知っており、私の孫の美希と同じ頃に生まれ、偶然に名が同じ発音なので忘れがたく、親しみを持つのである。
 短歌の方は、趣味の多い人なので素材は多岐にわたっているが、私はことに叙景歌に心惹かれる。

  • 内海の風爽やかな朝の浜小舟押し出す人影ひとつ
  • うす靄のかかる沿岸のひとところ積木のごとき白きビル群
  • 枯れ枝に一羽の黒鳥浮き立ちて牧場の朝の淡き陽のなか
  • せせらぎの音に揺らるるコスモスの薄桃の花やわら陽のもと
  • 雷雨おそうビル建築の屋上にかすみて動く黄の雨合羽
  • 声張りて飲料水売る少年ら日焼けし顔に車列縫いゆく

いずれも細部に視線が行き届いていながら、簡潔で清すがしい。
 叙景詠を少し抽出してみよう。

  • 海辺より戻りし男孫は小さき手に握りいし貝殻ひょいと差出す
  • ひとりっ子の女孫は十九病床の母看りては通う大学
  • ふたたびは開くことなき娘の瞼指になぞりつその名呟く
  • 週ごとの朝市に夫が品変えて買いくる果物今日桜桃
  • 夫逝きて日は過ぎゆくに狂いなく時きざみおりその腕時計
  • 訪日へ旅好きなりし夫と母の写真をバックに忍ばせて発つ
  • 鶯の声にひかれて窓の辺に寄れば目交いに霊峰かすむ

 辛いことも数々あったのに、心乱れて感傷的になることもなく、節度ある歌の姿である。若くより志津さんが様々な趣味に没頭できたのも、理解深いご主人の支えがあったからであろう。
 この本の内容を豊かにしている絵画や書については、その方面に造詣深い方にお任せしよう。
 かつてこの近くに武地さんが住んでおられた頃、毎月お宅で文章会が開かれていた。長老の松井太郎さん、いまも活躍中の梅崎さん、姉のようだった今は亡き山岡さんなど、6~7人の気兼ねのない仲間たちの本当に楽しい会であった。武地さんの手作りの寿司がおいしかったなあ―。
 おや、いつの間にかまた、なるべく避けている過去回想に落ち入ってしまったので、この辺でペンを擱きます。
 武地さん、おめでとうございます。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?2020年9月19日 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?  棉の国際価格が値上がりしている事やドル高の影響で、ブラジル国内の棉の価格が8月末時点で20%も高騰している。  ブラジルでは米やフェイジョン(豆)などの食料品が値上がりし、庶民の懐を直撃しているが、衣類の製造に不可欠な棉の値上がりは、被服費の高騰を招く可能性がある。 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任2020年9月19日 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任  共同通信サンパウロ市局長の小西大輔さん(50、石川県出身)の帰国にあたり、後任の中川千歳さん(42、千葉県出身)と共に来社した。  新支局長の中川さんは2010年から11年はテヘラン支局、14年から17年のロサンゼルス支局を経て、サンパウロ支局は3回目の海外赴任。し […]
  • 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加2020年9月18日 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加  法定アマゾンやパンタナルでの森林火災ばかりが注目されがちだが、森林火災はサンパウロ州でも増えている。  国立宇宙研究所(Inpe)のデータによると、サンパウロ州では1月から9月15日までに4293件の森林火災が記録された。昨年同期の火災は2020件だから、今年の火災 […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]