ホーム | 日系社会ニュース | 文協追加理事が決定=新役員で運営スタート

文協追加理事が決定=新役員で運営スタート

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が15人の追加理事を発表した。任期は2年。メンバーは以下の通り。
 第一常任理事=松尾エンリケ、第二常任理事=水本セルソ、第一会計理事=石川タケシ、第二会計理事=中川郷子、社会福祉担当理事=吉川黎明、企画担当理事=中垣エンリケ、文化担当理事=福原カルロス、社会担当理事=西野セイゴ、スポーツ担当理事=清原健児、広報担当理事=大田レオ、理事=栢野定雄、中村和右、島袋栄喜、島袋カミロ、和田ロドルフォ。

image_print

こちらの記事もどうぞ