ホーム | コラム | 樹海 | ブラジル人女性の嫉妬心

ブラジル人女性の嫉妬心

コンパクトミラーを見ながら真剣な表情で化粧をする女性(写真素材「ぱくたそ」モデル:ディアナ)

コンパクトミラーを見ながら真剣な表情で化粧をする女性(写真素材「ぱくたそ」モデル:ディアナ)

 日本にも「悋気嫉妬は女の常」という言葉はあるが、ブラジル人女性のそれは特にすさまじい。当地の女性と付き合ったことがある男性陣は、きっと賛同する違いない▼コラム子の風貌は平均的日本人だが、家人とスーパーで買い物中、コラム子を品定めしていたらしき男性の若い恋人から睨みつけられたことがある。「そりゃ睨む相手が違うだろう」と思っても無駄である。彼女にとって恋人の注意を引く女性こそ敵なのだ▼先日、日本式ファッションの普及を目指す伯J―ファッション協会の会長から、「会員同士の嫉妬がひどくて、会が中々まとまらない」とのぼやきを聞いた。お互い切磋琢磨するより他を引きずりおろせ―という発想。同会長によれば、自分より見栄えのよさそうな女性を見た時に、ブラジル人女性がまず抱く感情は嫉妬だそう▼知り合いのロリータ・ファッション(フリルたっぷりのお姫様スタイル)愛好家などは、〃同業者〃からネットに悪評を流される嫌がらせを受けたとか。そうした行為がすでに「美しくない」のだという美学を説いた所で、ジェラシーに燃える彼女たちには通じない。女性は虚栄心が強い生き物だが、それで心の平穏を乱すのは程々にしたいもの▼勿論、日本にも嫉妬はある。ただし、日本人には嫉妬心を醜いと思う感性や、相手を貶めたいと思う卑屈さを恥じる奥ゆかしさがある。「悋気嫉妬は女の常」は世界共通かもしれないが、表面化の仕方は様々だ▼とはいえ、「悋気は女の七つ道具」とも言うように、多少の嫉妬は女を美しくもする。「女房は化粧のひとつもしない」と不平をこぼしている男性は、夫人の嫉妬心をくすぐるのも一手だ。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]
  • 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに2020年1月14日 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに  今回は資産家向けの話で、コラム子のような一般庶民には、正直言ってあまり関係がない。だが、読者には資産家も企業家もいるので、予備知識として知っておいてもいいかと思い、調べてみた。   ブラジル在住者が10万ドル超を日本に持つ場合    まずブ […]
  • ボウソナロでさえ飛び乗れなかったイラン攻撃2020年1月10日 ボウソナロでさえ飛び乗れなかったイラン攻撃  正月明けて早々の、米軍によるイランのソレイマニ司令官殺害事件は、世界を「第3次世界大戦突入か?」と震撼とさせた。だが、今後まだ事態が変わりうる可能性があるとは言え、現時点ではそのような形にすぐに進んでいく可能性は高くない。  なぜか。それは、トランプ大統領が今回起こ […]