ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 聖市民からの低い支持率に悩むフェルナンド・ハダジ聖市市長だが、その理由は連邦政府からの援助の少なさにもあるかもしれない。10日付アゴラ紙によると、市は連邦政府に対し、保育園建設に2億5千万レアル、バス道建設に45億レアルの援助を求めているが、現在のところ、連邦政府からの援助額は前者で400万レアル、後者で9790万レアルと、いずれも期待した額のわずか2%にしか過ぎない。ハダジ市長は12年の市長選の際に「連邦政府との結びつきの強さ」をアピールしたが、これでは説得力がない。ルーラ前大統領は来年の聖市市長選をにらみ、ジウマ大統領に聖市への支援を求めているというが。
     ◎
 ABC地区のサンベルナルド・ド・カンポで州立学校に通う12歳の少年が、同じ学校に通う17歳の青年から学校のトイレで性的虐待を受けたとして、少年の母親の依頼を受けた同市市警が捜査を行っている。事件発生は5月27日夜で、学校の食堂で母親の迎えを待っているとき、この青年にトイレに連れ込まれた。少年はかなりの精神的動揺を受けていたという。同校の生徒によると、青年は事件前日にも少年を殺すと脅していたという。
     ◎
 きょうから、サッカーのコパ・アメリカがチリを開催国として行われる。開幕試合はA組のチリ対エクアドル戦だ。伯国代表はコロンビア、ペルー、ベネズエラと同組のC組で、大会には14日から登場。最初の試合は、ペルーとの一戦となり、以下、17日にコロンビア、21日にベネズエラと対戦する。3連勝で行きたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • 東西南北2017年7月14日 東西南北  12日のブラジルは、モロ判事の判決が出た直後から、ルーラ元大統領の話題一色となった。南米だと、アルゼンチンではビデラ氏、ペルーではフジモリ氏の前例があるが、ブラジルで元大統領が有罪判決を受けたのはこれが初めてだ。1930年にはワシントン・ルイス氏がジェツリオ・ヴァルガス氏によ […]
  • 東西南北2016年11月2日 東西南北  今年の全国統一地方選挙で労働者党(PT)が記録的な惨敗を喫したことは今日も様々なメディアで取り上げられているが、10月30日に行われた決選投票時、ルーラ元大統領、ジウマ前大統領の2人は共に、居住地のある地域ではPTの候補が出ていなかったことを理由に投票に行かなかった。ルーラ氏 […]
  • 検察がルーラに捜査の手=影響力使って便宜を図る?2015年7月18日 検察がルーラに捜査の手=影響力使って便宜を図る?  連邦検察庁が、ルーラ前大統領が建設大手のノルベルト・オデブレヒト(以下、オ社)に外国での事業受注で便宜を図った疑いで捜査を始めた。 捜査開始は8日で、11~14年にオ社が国外で請け負った事業は、前大統領が政治的な影響力を行使して便宜を図った可能性があるという。 前大統領と […]
  • 東西南北2016年7月19日 東西南北  本日付の記事にもあるように、経済見通しの好転を背景に、国民の半分がミシェル・テメル大統領代行の続投を望んでいることが明らかになった。奇しくもテメル政権で財相をつとめているエンリケ・メイレレス氏は、ルーラ元大統領がかねてからジウマ大統領に起用を薦めていたにも関わらず、ジウマ氏が […]