ホーム | コラム | 樹海 | 最近は本物が少なくなった?

最近は本物が少なくなった?

 週1度の練習後、コーラスのメンバーが「最近は本物が少なくなった」と話していた。持ち寄りの昼食前だったので話題の中心は食材だったが、人生の先輩達が「見掛けはきれいだが味が今ひとつ」とか「~風と書かれているが本物とは違う」と話す様子は興味深い▼昔は1週間持たなかった品が何週間も持つのも、保存料などで操作して本来の姿を失った例だ。添加物や人工調味料で万民好みの味を作り出し、着色料でおいしそうに見せるといった操作が体に及ぼす影響も心配だ▼平均余命が伸びた日本でも、第2次大戦を生き延びた人が亡くなったら平均余命は短くなると言われており、「昔の人は本物を食べていたから健康だった」との言葉には反論の余地もない▼だが、「本物」が少なくなったと感じる例は食に限らない。技術や科学は進んだのに昔より耐久性が低い電化製品や、何かあれば言葉を変える政治家、目先の利益しか考えず汚職に手を染める企業家もその中に入る▼1964年、不況のために松下電器の製品が売れず、松下幸之助が赤字経営に陥った系列会社の社長達と期限を設けない会議を開いた事がある。会期を限らなかったのは徹底的に話しあうためで、互いが責任を問い、不満が噴出。松下糾弾大会となった会議は3日目、松下が頭を垂れて「松下電器が悪かった」「誰が悪いではなく心を入れ替え、出直したい」と涙ながらに詫びた時、流れが変わった▼松下が営業本部長代行として現場復帰し、その決意を実践した時、松下電器は回復へ向かったという。責任を問う会議の真っ最中のブラジルが回復に向かう鍵を握り、「血の小便を垂れる」ほど苦闘する政治家は誰だろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう2020年5月19日 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう 「対策ナシならコロナ死者は100万人」  無名だった彼が3月30日に出演したTVクルツーラの討論番組ロダ・ヴィヴァのユーチューブ映像は、24時間で100万人が視聴した。いかにブラジル人一般がコロナを恐れているかが如実に伺われる。  最近のテレビを見ていてもニュー […]
  • 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者2020年5月15日 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者  反隔離を叫べど、加速化して増えるコロナウイルスの死者の前に支持が増えず、かつ、セルジオ・モロ前法相辞任の発端となった閣議ビデオ中の大統領発言が問題視されたことで、ボウソナロ大統領の立場はますます危うくなっている。  とりわけモロ氏の政権離脱はボウソナロ氏にとっては痛 […]
  • 公人としての良心と責任感2020年5月14日 公人としての良心と責任感  12日夜、ボウソナロ大統領がコロナウイルスの感染検査の結果を最高裁に提出した。訪米団員など、20人以上が感染しても陰性と言い続け、メディアから公開を求められていたものだ。  裁判所からの提出命令に対し、「見せない権利がある」と嘯いて拒否し続けたため、最高裁に訴えられ […]
  • 樹海拡大版=コロナ対策で1兆600億レアルを市場注入、インフレ再燃懸念も?2020年5月12日 樹海拡大版=コロナ対策で1兆600億レアルを市場注入、インフレ再燃懸念も? 造幣局が紙幣40%増産  先週読んだ記事の中で、一番ドキリとしたのはロイター通信8日付電子版「独占取材/ブラジル中央銀行は緊急支援支払いのために、紙幣の臨時増刷を発注」(https://br.reuters.com/article/topNews/idBRKBN2 […]