ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 螢の光=サンパウロ 相部聖花

螢の光=サンパウロ 相部聖花

 『螢の光』は学校の卒業式に歌い、涙を流して学校と学友との別れを惜しんだ歌、または紅白歌合戦のあと歌われ、過ぎし一年を顧みて互いに別れを惜しむ歌として私の頭の中にあった。
 最近、ある歌人の文を読んだ。
 「NHK紅白歌合戦の最後に歌われる『螢の光』は、もともとアメリカやイギリスなどで大晦日のカウントダウンに歌われるスコットランド民謡であった。それが作詞され、明治の初めの小学唱歌集に入れられた。『千島の奥も沖縄も、八洲の守りなり…』という歌詞のあることを知った」
 私は『日本唱歌集(昭和34年発行)』を出して見た。

   <螢の光>
1.ほたるのひかり、まどのゆき/書(ふみ)よむつき日、かさねつつ/いつしか年も、すぎのとを/あけてぞけさは、わかれゆく。
2.とまるもゆくも、かぎりとて/かたみにおもう、ちよろずの/こころのはしを、ひとことに/さきくとばかり、うたうなり。
3.つくしのきわみ、みちのおく/うみやまとおく、へだつとも/そのまごころは、へだてなく/ひとつにつくせ、くにのため。
3.千島のおくも、おきなわも/やしまのうちの、まもりなり/いたらんくにに、いさおしく/つとめよわがせ、つつがなく。

 『螢の光』は単なる別れを惜しむ歌ではなく、お互いに海山を隔てた土地にいても、真心一つに国のために盡くせよ。北は千島、南は沖縄まで日本中どこに行こうとも、行った処で国の守りの中にあって、つつがなく励めよ。と、別れゆく友を祝福するすばらしい歌であることを、あらためて知ったのであった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 結婚の今昔=サンパウロ 平間浩二 2016年4月19日 結婚の今昔=サンパウロ 平間浩二   現在、NHKの朝の連続ドラマで『あさが来た』が放映されている。私は今までに放送された朝ドラの内、途中で見るのを止めてしまうことも何度かあった。しかし今回、第1回目の放送から度肝を抜かれ、ずっと見ている。 主人公のあさは、木に登ってタコを背負い飛び降りたり、奇想天外な発想と行動 […]
  • 我が妻のおもてなし=サンパウロ 平間浩二2016年3月15日 我が妻のおもてなし=サンパウロ 平間浩二  1973年1月、リオデジャネイロに彼女を呼び寄せた。その月に、ささやかではあったが、晴れて結婚式を挙げることが出来た。私が渡伯して2年目であり、本格的なブラジルの生活が始まった。 私は家内に対し、40余年経った今でも忘れられない苦い経験を持っている、というより大変に申し訳なか […]
  • 私の2世観について=サンパウロ 平間浩二2016年2月12日 私の2世観について=サンパウロ 平間浩二  2世観といっても時代的背景及び家族構成、生活環境等によって千差万別であると思う。時代の流れから大別すると、戦前と戦後に分けることができる。このように二分しても、戦前、戦後の2世の人間性、人格等については何ら変わることはない。あえて言うなら、戦後よりも戦前の方が日本的文化の素養 […]
  • 護憲革命の思い出=サンパウロ 梅崎嘉明2015年7月29日 護憲革命の思い出=サンパウロ 梅崎嘉明  7月9日はブラジル護憲革命記念日である。その革命最中の(1932年)7月26日に私たち800余名の移民が、大阪商船ラプラタ丸でリオ港に到着した。 リオは世界第3美港の一つとしてその頃から知られていて、移民たちはその都市に上陸して景観を満喫するつもりでいた。船から移住局へ上 […]
  • イグアスーの滝、2人旅(3)=サンパウロ 平間浩二2016年6月21日 イグアスーの滝、2人旅(3)=サンパウロ 平間浩二 ○3日目 イタイプー発電所見学とパラグァイ行き。 8時にホテルを出発し、8時20分にはイタイプー発電所に到着した。展示室でガイドさんからいろいろと説明を受けたが、専門用語が多く、難しくてチンプンカンプン、そのうちに猛烈な睡魔に襲われてしまった。9時からイタイプー発電所建設のビデ […]