ホーム | 日系社会ニュース | 日本祭り=「高齢者の広場」へどうぞ=お遍路講演や写真コーナーも

日本祭り=「高齢者の広場」へどうぞ=お遍路講演や写真コーナーも

鈴木さん(左)と玉城さん

鈴木さん(左)と玉城さん

 24日からサンパウロ市エキスポ会場(Rod. dos Imigrantes, km 1,5)で開催される第18回県連日本祭りに、今年も『高齢者の広場』が設置される。運営者の鈴木・牧ウィリアンさん、玉城ロベルトさんが来社し、様々なプログラムを紹介した。
 高齢者向けに健康に関する講演会や無料マッサージ、ペット(飼育動物)を活用したリハビリが体験できる。広場内にはゲートボールコートが設置され、競技を体験できるほか健康体操など体を動かすワークショップが実施される。
 お遍路で四国88カ所の寺を巡った金子パウロさんによる体験発表もあり、白装束の衣装を着て、寺院のパネルを背に写真撮影するコーナーも設置される。
 鈴木さんと玉城さんは「高齢者のための広場は日本祭りだけ。元気な生活を送れるよう友達を誘っておいで下さい」と呼びかけた。
 問い合わせは県連(11・3277・8569)、鈴木さん(同・99604・2335)まで。

【大耳小耳】

 県連日本祭り(24~26日、サンパウロ市)で用意される『高齢者の広場(Espaco da Terceira Idade)』。幼児の遊具スペースや、託児所を設置するイベントは少なくないが、お年寄り用というとまだ珍しい。高齢化する日系社会ならではとも言えそう。ホーリネス教会などによって運営される同広場。囲碁や将棋も楽しめるので、年配者に限らずお勧めだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ