ホーム | 文芸 | 連載小説 | 宿世(すくせ)の縁=松井太郎 | 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(11)

宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(11)

宿世の縁 二(続)

 松山太一は、ひと月ほど前に、亡妻の一回忌をどのように行なうかについて考えていたのに、息子からその件について聞かれたときは、すっかり度忘れをしていた。
 彼には折々このような現象がおきるようになっていた。
 いまさらのように慌てた太一は、前にも世話になった嫁の兄に、坊さんの都合をきいてくれるよう頼んだ。千恵の命日は坊さんの旅行の日程とかさなるので、帰ってからということになった。日がきまると太一は疎遠にしている弟妹たちに、一おうは法要をしらすことにした。
 父より義絶されている彼は、ー許すーとの父のことばのなかった以上、総領ではあるが、出来物そろいのなかの半端者として、出てゆけよがしの扱いに、分家を願いでたところそれもゆるされず、ついに勘当までされている身ではあるが、千恵の死にさいしては知らぬ顔もできないと思って、妹(やりとり婚で故人の弟の嫁になっている)との義理の縁によって、ほそぼそながらの交際があったので、一おうほかの弟妹たちにも知らせてくれと頼んだのが、後をひくようになったのである。
 法要は平日で午後七時という事情もあってか、太一のほうは故人の弟のほかは誰の出席もなかった。なにも含まれるところもない千恵でさえ、この有様ではおれの場合はと、つい太一は苦笑がわいてくるのであった。
 けれども法要は寂しくはなかった。年寄りもまじって嫁がわの人はみんなきてくれていた。たいがいは二十代の若者で、派手なシャツ一枚できている者もいて、今夜は何の集まりか知らないのもいるようだった。その中にRもまじっていた。無作法だと千恵からたしなめられた青年で、半年ばかり日本に行ってきて帰ってきたばかりだった。太一の前にきて、何が言いたい様子だったので、
「婆ちゃん、もうおらんよ」
と太一は声をかけた。
「うんー」
 Rは口下手なところがあって、うなるような声をだすと、自分の態度のとりようにも困惑したようで、太一にちょっと頭をさげて仲間の群れにはいっていった。
 形式だけの悔やみの言葉よりも、Rの愚鈍ともとれる肯定のほうが、寂蓼の滴となって太一の胸にしみた。
「はやいものですね、千恵さんが亡くなってから、もう一年になりますか、今夜はお線香をお上げしたいと思いましてね」
などと挨拶をする年寄りは、嫁がわの縁につながる人で、千恵が在世の頃ちょくちょく来ては話をしていた老女であった。
 死者に関するすべての行事には、ほんのわずかな人々の他は、心底にかすかな喜悦を秘めて臨むといわれるが、この法要も会食の場になって騒然としたものになった。生前の千恵は賑やかなことが好きで、なにかと意味をつけては人をよんでいたので、これはおれの供養になったほうが柄にあうのではないのかと、太一は思ったものである。
 太一は自分らの五十年ちかくの、干恵との結婚生活は何だったのかと、回顧してみると二人で演じた芝居はどうあったにしても、片方のかけた現在では、すでに幕のおりた舞台とおなじで、演りかえのできないのに太一の心残りがあった。
 ずっと以前に、ブラジルでも巡回公演された、ひとり芝居「土佐源氏」を太一はわすれられないでいる。錦繍のぼろをまとった橋下の乞食芸人のかたるテーマは、身分や財産にかかわりのない人間の真情のふれあいである。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(27)2015年8月27日 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(27) 「またむずかしい用語を使って、あんたこそ人を馬鹿にして、日ごろわたしを便利な道具ぐらいにしか考えていないのでしょう。ちゃんと分かっていますからね」「それじゃ、おあいこじゃないか、お前はおれを案山子ぐらいにしか思っていないだろう。文学などいくら勉強しても、一文のたしにならないと、 […]
  • 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(25)2015年8月21日 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(25)  私は孫に玩具を買ってやりました。そこをでてもまだ早かったので、セアザ(中央市場)を見学しました。家では一日はすぐたつのに、このような行楽にはいろいろなところがみられて、一日はながいものです、村の会館についたのは午後の七時でした。五月0日、晴れ、今日もアルファツセきりです。わた […]
  • 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(26)2015年8月26日 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(26)  ある日のこと、区長さんがきて北山さんが倒れたと知らしてくれた。その朝、コーヒーをすまして車の始動をさせていると、急に気分がわるくなったという、見舞いにいってきた千恵の話ではー奥さんも顔がむくんでいて別人のようだったーという。北山家では老人ふたりが病気になっても、生計にどうとい […]
  • 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(23)2015年8月19日 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(23)  太一はそんな連中とはかかわりはなかったが、金まわりの早いチシャ作りをはじめたのであった。丈二が食料品店を買ってサンパウロ市にでるまでに、R村で二十年ちかくの歳月がながれている。その間に千恵の両親は亡くなっている。奥地で発病した太一はーどうせながくはもたない身体だからーと、 […]
  • 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(24)2015年8月20日 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(24)  彼女はそれでもこっそりと日記はつけているようであった。太一に見られるのをとても嫌っていたので、サンパウロ市に転居のさい、すべて焼いたか捨てたかにちがいなかったのに、その一冊が残っていた。太一は興味をもってページをめくっていった。字はたしかに下手であったが、そこにはほかの誰でも […]