ホーム | 文芸 | 刊行 | 梅崎さんが日ポ語選集発刊=出版祝賀会、15日栃木で
本を手にする梅崎さん
本を手にする梅崎さん

梅崎さんが日ポ語選集発刊=出版祝賀会、15日栃木で

 日系文学界で広く活躍する梅崎嘉明さんが、七編の作品を日ポ両語でまとめた『小説選集』(390頁)を発刊した。一冊80レアルで販売中。印刷部数は100部。
 パウリスタ年鑑入賞作「佐代の周辺」、コロニア文学賞佳作「大根の花」など小説五編、「留置所にて」「終戦一年と父の死」の手記二編を収録した。小説に関心を持つ若者からポ語翻訳を要望され、4年半の歳月をかけ出版に至った。
 刊行にあたり梅崎さんは、「戦後の移住者たちがどういった生活を送ったか、実体験をつづった。日語では既に読まれた方もおられるが、後世にもポ語で移民のルーツを知ってほしい」と願いを込めた。
 今月15日昼12時半から、栃木県人会(Rua Capitao Cavalcanti, 56, Vila Mariana)で出版祝賀会を行う。出席者には一冊贈呈。
 購入や問い合わせは梅崎さん(11・5571・5043)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 15年の歳月から漂う味わい=歌文集『赤いレトロな焙煎機』2016年6月2日 15年の歳月から漂う味わい=歌文集『赤いレトロな焙煎機』  珈琲鑑定士という職業がまだ浸透していない時代、手探りで当地を渡り歩き、珈琲と共に歩んできた歳月を振り返った、玉川裕子さんの著書『赤いレトロな焙煎機 遥かなる南米大陸をめざして』(春風社、164頁、1620円)が4月15日、日本で出版された。 同書は短歌と散文を結びつけた歌文集 […]
  • 『絆 皇室とブラジル』=SC病院と本紙で無料配布2019年6月15日 『絆 皇室とブラジル』=SC病院と本紙で無料配布  サンタクルス病院(石川ヘナト理事長)が開院80周年を記念して刊行した『絆 皇室とブラジル』(二宮正人/二宮ソニア共著)。この無料配布について同病院に確認したところ、同病院(R. Santa Cruz, 398 - Vila Mariana)と、本紙編集部(R. da […]
  • 二宮夫妻=『絆 皇室とブラジル』刊行=サンタクルス病院で無料配布2019年6月12日 二宮夫妻=『絆 皇室とブラジル』刊行=サンタクルス病院で無料配布  サンタクルス病院(石川レナト理事長)は1日、サンパウロ市内ホテルで行われた開院80周年式典の中で『絆 皇室とブラジル』(二宮正人/二宮ソニア共著)を刊行した。全191頁、日ポ両語。  昨年は開院79周年と日本移民110周年を記念し、皇族が詠まれた短歌130首を収録し […]
  • 日系作家・佐野シルヴィオさん=日系社会伝える本出版会、10日に2018年3月10日 日系作家・佐野シルヴィオさん=日系社会伝える本出版会、10日に  日系作家の佐野シルヴィオさんは、自身のコラムや短編小説、詩をまとめた「Kontos Kronicas Kancoes」の刊行を記念し、出版記念イベントを10日午後2時から7時まで、三重県人会(Av. Lins Vasconcelos, 3352, Vila […]