ホーム | コラム | 樹海 | ソフィアちゃん、天国に凱旋

ソフィアちゃん、天国に凱旋

 14日朝、新聞に出ていない事件や詳細な情報を確認するために伯字紙サイトを開いたら、1歳8カ月のソフィアちゃん死亡の記事が目に飛び込んだ▼消化器系の器官がほとんど機能しない難病で、胃から大腸に至るまでの五つの器官を移植されたが、肺の炎症のために入院先の米国の病院で亡くなったのだ。手術の資金を必要としている事などを弊紙のサイト記事にした事もあり、その後が気になって、渡米した事や手術の成功、術後もしばらくは順調だった事などは捉えていたが、一月位前から容態が悪化。医者は延命装置を外すかと尋ねたが、両親はそれを拒んで祈りの支援を呼びかけていた▼幼女が助からなかった事は悲しいし、生後6週間で長男を失くした我が家では他人事とは思えない。だが、最後の最後まで諦めずに戦った両親の姿はソフィアちゃんの笑顔と共に、フェイスブックなどでその動向を見守ってきた人達に大きな感動を残した▼交通事故などでの突然死もインパクトは大きいが、幼子の死が両親や周囲の人に与えるインパクトもまた大きい。ソフィアちゃんの事を〃天使〃と呼ぶ支援者の一人は、「天国には今日、最後まで戦い抜いたもう一人の天使が舞い戻った」とFBに記した。「余りにもかわいいから、『使命は果たし終えた』と神様が呼び戻されたのだろう」との言葉が、両親の心の中に出来た空洞を埋めて余りあるものとなってくれればと願わされる▼遺族達にはソフィアちゃんの遺体をブラジルに持ち帰るか、米国で火葬に伏すかの判断も必要だ。誕生日は迎えられないだろうといわれていた幼女が、1年8カ月を戦い抜いた事とそれを支えた人々の歴史は重い。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう2020年5月19日 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう 「対策ナシならコロナ死者は100万人」  無名だった彼が3月30日に出演したTVクルツーラの討論番組ロダ・ヴィヴァのユーチューブ映像は、24時間で100万人が視聴した。いかにブラジル人一般がコロナを恐れているかが如実に伺われる。  最近のテレビを見ていてもニュー […]
  • 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者2020年5月15日 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者  反隔離を叫べど、加速化して増えるコロナウイルスの死者の前に支持が増えず、かつ、セルジオ・モロ前法相辞任の発端となった閣議ビデオ中の大統領発言が問題視されたことで、ボウソナロ大統領の立場はますます危うくなっている。  とりわけモロ氏の政権離脱はボウソナロ氏にとっては痛 […]
  • 公人としての良心と責任感2020年5月14日 公人としての良心と責任感  12日夜、ボウソナロ大統領がコロナウイルスの感染検査の結果を最高裁に提出した。訪米団員など、20人以上が感染しても陰性と言い続け、メディアから公開を求められていたものだ。  裁判所からの提出命令に対し、「見せない権利がある」と嘯いて拒否し続けたため、最高裁に訴えられ […]
  • 樹海拡大版=コロナ対策で1兆600億レアルを市場注入、インフレ再燃懸念も?2020年5月12日 樹海拡大版=コロナ対策で1兆600億レアルを市場注入、インフレ再燃懸念も? 造幣局が紙幣40%増産  先週読んだ記事の中で、一番ドキリとしたのはロイター通信8日付電子版「独占取材/ブラジル中央銀行は緊急支援支払いのために、紙幣の臨時増刷を発注」(https://br.reuters.com/article/topNews/idBRKBN2 […]