ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年3月6日付け

 経済は一流・政治は三流―らしいが、日本の政界は「言語狩り」が横行し、肝心な国政審議は隅っこに追いやられている。柳沢伯夫・厚労相が講演で「産む機械」と話したのは、確かに良くはない。大臣ともなれば、発言にも注意しなくてはいけないし、野党が大声を発して批判するのも解らぬではない。が、柳沢厚労相は陳謝しているし、事はここで幕引きが世の常識―▼ところが、幕はさっぱり下りずに女性陣はとりわけて噛み付きが激しい。そこへ今度は伊吹文明・文科相が「悠久の歴史の中で、日本は日本人がずっと治めてきた」と述べたのが問題化している。確かに―アイヌもいるし、日本は単一民族ではない。だが、原則的には「日本人による統治」であり、事揚げて議論すべきものではあるまい。文科相の「メタボリック症候群」に社民党・辻元清美氏が猛反発もおかしい▼伊吹大臣が語ったのは「(人権をバターに例えて)食べすぎれば人権メタボリック症候群(内臓脂肪型肥満)になる」とし「人権の乱用を戒めるのが真意だった」と時事通信は報じている。ここには批判されるようなものは一つもない。閣僚らの発言を捉え批判するのはいい。しかし、何でも非難ではおかしくなる▼どうも日本の政界にはユーモアやウイットに欠ける。故・渡辺美智雄氏には有名な「擬餌針」発言があり、社会党を痛烈批判し話題となったが、世は大笑いし永田町も頬を緩めてニヤニヤしたのである。宰相・吉田茂氏には「バカヤロウ解散」があったけれども、余りギスギスしたばかりではなく、笑いながらの政治ができないものか―と思う。 (遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ドル暴落への警戒怠るな=投資先が中国からブラジルへ?2005年11月23日 ドル暴落への警戒怠るな=投資先が中国からブラジルへ? 2005年11月23日(水)  【エスタード・デ・サンパウロ紙十一日】ドル通貨が国内市場で溶解しつつあるのに政府は高金利政策を続行し、輸出産業の未来に暗い影を落しているとセウソ・ミング氏がいう。 […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ大統領の元弁護士を収賄で起訴=エスケーマS作戦の疑惑で2020年9月26日 《ブラジル》ボルソナロ大統領の元弁護士を収賄で起訴=エスケーマS作戦の疑惑で  ボルソナロ家の元担当弁護士、フレデリック・ワセフ氏が25日、リオ州検察局から横領や資金洗浄の疑いで告発を受けた。25日付現地紙が報じている。  これは、9日に行われたラヴァ・ジャット作戦の中の「エスケーマS作戦」に伴うもの。リオ州商業連盟(フェコメルシオ)が弁護士事 […]
  • コラム オーリャ!2006年5月25日 コラム オーリャ!  「日本とブラジルの共通点・相違点は何か?」―日伯両国で生活をした経験を持つ人なら、一度はこの問いを考えたことがあるに違いない。 […]
  • イベント情報2019年6月6日 イベント情報 EXPOSIÇÃO   IV EXPOSIÇÃO UNIVERSO CERÂMICO 2019 Artista Homenageado: Alberto Cidraes Curadoria: Eliana Tsuru Onde: Hall […]
  • 《ブラジル》87%は借金返済にボーナス使用=不景気や失業率の高さなど反映2019年11月12日 《ブラジル》87%は借金返済にボーナス使用=不景気や失業率の高さなど反映  全国金融・管理・会計協会(Anafec)がボーナス(13カ月給)の使途を調べたところ、回答者の87%は借金返済に充てようと考えていた事がわかった。  10年前の調査ではこの割合は64%だったから、経済活動が落ち込んで失業率も高止まり、銀行融資などの返済利率も高いなどの諸事情 […]