ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自分史=死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲 | 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(2)

死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(2)

沖縄で結成された民間移民者組織「ブラジル移住地創設準備会」

沖縄で結成された民間移民者組織「ブラジル移住地創設準備会」

カッペンへの道―過酷・辛苦な道のり

 見ず知らずの他人でありながらの親切心に、「イチャリバチョーデー(一度会ったら皆兄弟)」のチムグクル(真心)に胸が熱くなったことが思い出される。
 駅で荷物を受け取り、次の目的地に向かった。3台のトラックを借り受け荷物も人間も一緒に乗り合わせて、約900キロの行程のでこぼこ道を、昼夜を通して3日2晩をかけて2番目の中継地・クィアバー市に到着することが出来た。
 このクィアバーの町が買い物の出来る最後の町であるとのことで、そこで二日間滞在して当分の食糧や必需品を買い求め、現地への出発準備を整えた。
 いよいよ三日目の朝、最後の移民隊として沖縄からの古い家財道具、荷馬車道具、農具類等、その大きな梱包に加え、買い求めた生活必需品等トラック三台の荷物を積み替え、満載した荷物の上にまたもや人間を乗せて目的地・カッペン植民地にむけて出発の途についた。
 しかし、カッペン移住地までは、更に600キロの道を走らなければならない。ところが150キロほどまでは難なく進んだが、その先に道らしい道はなく、風雨で倒れた大木がトラックの行く手をさえぎり、これをさけるため両側の大小の草木を鋸やオノを使って切り分け車道をつくって進む。
 しばらく進むと今度は、風雨で出来た砂の道が現れ、行き先を阻んだ。道の両側は、水の深い小川の流れとなっていて、砂道を越えるにはトラックの積荷が重くて、たちまちタイヤがのめり込み前進出来ない。
 今度は、鋸、オノを使って木を切り出し、タイヤの前に敷きつめ少しずつ前進させて、のめりから脱出していく悪戦苦闘が続く。その間老人や女、子供たちは手に汗をにぎりながら見守る有様。おまけにモスキット(シベー)にさされ、身を守るのに、まさに「苦闘」の連続であった。
 やっと砂道を脱出したかと思うと、今度は数十キロのカンポ(野原)道が続き、女、子供が用を足すのに数十分の休憩をとるため、ちょっと茂った木を利用しての用足しであったが、ブラジルのカンポは、血の気がする生き物にめがけて、血を吸う無数のムシケットが群がり、用をたすにも命がけであった。間もなくして前方に川幅150メートルぐらいある大きな川が見えた。
 この川にかけられたバルサといって、向岸に渡るため端から端に太いワイヤで、木造船二つを組み、その上にトラックや他のものを載せて渡すしくみになっている。このような危険このうえないバルサによる命がけの渡河作業を無事通過して胸をなでおろした矢先、またまた前方にこれまでと同じ川が二つも三つもあり、丸太棒大木で橋がなりたっており、そこを通過して目的地に到着するのであった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(9)2015年9月29日 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(9)  しかし、言葉もうまくできないし、事情もつかめず、商売のやり方もままならず、結局やめて別の食品店に転業した。それもうまくいかず途方にくれているうちに、やはり自分は自分の「ティージェーク」で身を立てるしかない、ということで看板屋をはじめることにした。 こうしてビラ・カロンのアベニ […]
  • 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(10)2015年9月30日 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(10)  そして、ブラジルのウチナーンチュであることを誇りに思っている。それにしても、「カッペン移民」は「無謀な移民であった」、と言い切って許されることなのか、と。 確かに、「無謀」と言われても仕方がない面があったことは事実である。それでは、何故この「無謀」が許され、71人家族423名 […]
  • 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(7)2015年9月25日 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(7)  この耕地は、まだ未整地だったが、土地は大変肥沃だった。若い連中は共同で住家を作り、山羊小屋作りにせいをだした。年寄りたちは荒地を耕し米を植え付けた。稲はたちまち育ち豊作であった。 ところが、収穫直前になって40年ぶりといわれる大雨に襲われてしまった。この土地は盆地のように低い […]
  • 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(8)2015年9月26日 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(8)  私は、このお金を上間耕地に残したままの7家族を呼び寄せるための資金にした。本当にありがたい尊い救いのお金であった。 この7家族の仕事口を比嘉真繁さん、石川盛得さんらカンポ・グランデ沖縄県人会の幹部であった方々が、あっちこっちのファゼンダに当たって借地農の仕事を見つけて下さった […]
  • 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(6)2015年9月24日 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(6)  出迎えのトラックが、3名の青年と共にやって来てすぐに積荷を始めた。3日目に積荷を完了し、全員がカッペンを後にした。 カッペン耕地を出て、入ってきたコースを悪戦苦闘しながら走り抜け、新しい耕地に入植した。この新開地もまた、最初から森林の開墾、掘立小屋の新築と、昼夜についで全力を […]